歌手・俳優の星野源が31日、都内で行われた「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」完成披露試写会の舞台あいさつに登壇し、ドラマなどでよくヌードを求められることを嘆いた。イベントには、石田ゆり子仲里依紗眞島秀和、中村ゆり、スガ シカオ、渋川清彦、吉田康弘監督、誉田哲也(原作者)も登場した。

 本作は、さまざまな過去を背負い、居場所を失ったワケありの人々が集まるシェアハウス「プラージュ」を舞台に、軽い気持ちで覚せい剤に手を出し犯罪者になった主人公・吉村貴生(星野)が、いろいろな騒動に巻き込まれるさまを描いたエンターテイメントミステリー。

 劇中、星野が脱ぐシーンがあり、スガが「すごい脱いでますから! 俺、源ちゃんの裸、初めて見た」と興奮するも、星野は「そんなことはどうでもいいんです。僕は役者ではよく脱がされる」と淡々と返しながらも、「あれは嫌でしたね。裸はなるべくなしにしたい」と本音を吐露。そんな中、スガが「僕は脱ごうとしたら止められました」と打ち明けると、星野は「なんですか、その明確な差というのは。なぜ、僕は野放しで脱がされるのか……」とヌードキャラが定着した自分に首をかしげ、肩を落とした。

 また、作品にちなんで自身が犯した罪を問われた星野は、「最近、罪と思いながら止められないのは、締切を守らなくなったこと。今年の目標は『無理をしない』なので、それが締切に見事に影響しています」と告白。さらに、「締切は守られないことを見越してちょっと前に設定されているとわかる年ごろなので、そこに甘えてしまって」と言い訳すると、「怒られたくないので、可愛げのある締切の守らなさを維持して、なるべく楽をして生きていきたい」と宣言し、会場の笑いを誘った。(取材:錦怜那)

「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」(毎週土曜夜10時)は8月12日より、WOWOWプライムにて放送(全5話・第1話無料放送)