アメリカを愛するあまり、たった一人でパキスタンに潜入し、“ビンラディン捕獲作戦”に挑んだ実在の男を、ハリウッドきっての愛され俳優ニコラス・ケイジが熱演した実話コメディー『Army of One』の邦題が『オレの獲物はビンラディン』に決定し、12月16日より日本公開されることが明らかになった。

 ビンラディン誘拐を企てたとして2010年にパキスタン当局に拘束されたアメリカ人の、仰天の実話を基に映画化した本作。コロラド州の片田舎で、母国アメリカをこよなく愛する中年男のゲイリー・フォークナーは、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所を政府がいつまでも見つけられないことに業を煮やしていた。ある時、神から「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえろ!」との啓示を受けたゲイリーは、「この国を救えるのは、俺しかいない!」と使命感に燃え、資金調達のためにラスベガスに飛び、入国手段のヨットを探し、武器には日本刀を調達。ようやく辿り着いたパキスタンで彼を待ち受けていたのは、意外にもフレンドリーな現地の人々で……。

 そんな本作でケイジは、ビンラディン捕獲という無謀すぎるミッションにたった一人で挑むオヤジのゲイリー役で、白髪&体重激増姿を披露。さらには、顔芸満載の振り切った演技で、「こんなケイジ、見たことない!」「ケイジの狂気に釘づけ!」と米国各紙で評された。

 メガホンを取ったのは、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズとあって、ただおバカなだけでなく、風刺のきいた笑いも。共演には、『ロック・オブ・エイジズ』などの英コメディアンで、ケイティ・ペリーの元夫としても知られるラッセル・ブランド、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、『スーパー!』のレイン・ウィルソンらが名を連ね、ゲイリーを取り巻く個性的な面々を演じている。ケイジ主演作が相次ぎ日本公開される2017年、そのトリを飾ることになる本作にも期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

映画『オレの獲物はビンラディン』は12月16日よりシネマート新宿ほか全国順次公開