今年の4月から米ニューヨークを拠点に活動すると宣言し、全てのレギュラー番組を降板したピース綾部祐二だが、まだ日本にいることが明らかになった。映画監督としても活躍する品川庄司品川祐が、ブログやInstagramで綾部の近況を伝えた。

 7月31日のブログ投稿で「まだいる」と切り出した品川は、綾部が何ともいえない表情で食事をしている写真をアップ。宣言していた“4月からアメリカでの活動スタート”からすでに4か月が過ぎたが、まだビザが下りないという。「さすがにヒマじゃないの?」「ヒマですよ。何にもしてないんだから」という哀愁漂うやり取りも紹介した。

 しかし、綾部もこの期間を有効活用するべく、英会話を始めたとのこと。品川は「8月中には本当に行くらしい。ガンバレ綾部」とエールを送った。

 品川は先月初旬にも綾部がまだ日本にいることを報告しており、「綾部と歩いていると すれ違う人が『まだ、(日本に)いる』と呟く」「ビザ取るのって大変なんだね。でも、すでに向こうにアパートを借りて 荷物も送っているみたい だから綾部を見かけても 平和な気持ちで優しく見守ってやってください」と呼び掛けていた。(朝倉健人)