女優の内山理名が、テレビ朝日系金曜ドラマ「あいの結婚相談所」の11日放送の第3話にゲスト出演し、元アイドルの毒舌女優・小津祥子を演じることが明らかになった。内田がアイドル時代の祥子にふんし、ミニスカートのアイドル風衣装を身にまとった姿もお披露目された。

 ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が主演を務める本ドラマ。「愛ほど邪(よこしま)な感情はない」が口癖の山崎演じる藍野真伍が所長を務める結婚相談所には、ワケありな相談者が現れる。相談者の行動や心理をズバズバ分析する藍野が、悩める男女の出会いと結婚を得意の歌や踊りを交えて演出していく。

 第3話で藍野が手を差し伸べる祥子(内山)は、かつてはアイドルとして活躍していた女優。歯に衣着せぬ発言と強気な性格で、テレビのワイドショーなどでは現役の若手アイドルと壮絶バトルを繰り広げるなど、ちょっとした異端児的な存在となっている。実生活では数年前に離婚した元夫からモラルハラスメントで訴えられてしまい、マスコミに追われる日々を送る。

 自身のイメージとはだいぶ異なる役どころだが、「久々に『早く演じてみたい』という役でした」と語る内山。「祥子のキャラクターは意外と自分とそんなにかけ離れてはいない気がします(笑)。祥子とまったく同じではないですけど(笑)。祥子は感情のすべてを言葉にしている。言葉と感情がマッチしているので素直なんです。その言葉にパワーがあってわかりやすいので、私としては役に入りやすかったですね」と撮影を振り返った。

 アイドル時代の祥子になりきった姿をおさめた写真では、高い位置でポニーテールを作り、肩をあらわにした衣装や、アイドルらしいミニスカートにも挑戦しており、毒舌っぷりもさることながら、アイドル姿も見どころとなりそうだ。(山田貴子)

金曜ナイトドラマ「あいの結婚相談所」第3話はテレビ朝日系にて11日23時45分〜0時45分放送