『眠れる美女の限界』(2013)、『MATSUMOTO TRIBE』(2017)などの新鋭・二宮健が桜井ユキを主演、高橋一生を共演に迎えた映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY−リミット・オブ・スリービング ビューティ−』の初日が10月21日に決定し、あわせて桜井&高橋のラブシーンが公開となった。

 桜井が演じるのは、女優を夢見て上京するも30歳を目前に生きる目標すら見失いつつあるサーカス団のマジシャンの助手オリアアキ。高橋はその恋人カイトを演じる。都内某所ビルの屋上で撮影されたというラブシーンは、横たわるアキと、アキに覆いかぶさるような恰好のカイトが見つめ合っているもの。アキはカイトの顔に手をかけ、カイトは包み込むようにアキの頭に手をかけており、なまめかしい情事を想像させるショットは「オリアアキの人生で最も甘く、美しい時間」だという。

 桜井の「今後の女優人生への覚悟を見せたラブシーン」になっていると言い、桜井は「この作品を撮影している時、アキと同じ29歳でした。わたしの中にあるもの全てを注ぎ、アキにこの世界を生き抜いて欲しい、アキとしてこの世界を生き抜きたいという想いで臨みました」と作品への並々ならぬ思い入れを語っている。(編集部・石井百合子)

『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY−リミット・オブ・スリービング ビューティ−』は10月21日より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開