グラビア活動などで一世を風靡(ふうび)した台湾出身のタレント、 インリン・オブ・ジョイトイが、1日にブログを更新、原因不明の体調不良に見舞われていることを明かした。

 現在、三児の母でもあるインリンは、「緊急外来へ・・・」と題した記事で「胃痛、吐き気、ふらつき、冷え汗で子供三人の世話があまりできない状態で半日ずっと我慢してたらもう限界がきて」と報告。意識がもうろうとしていため、父親に子供たちを預けて緊急外来を受診したことを明かした。

 しかし診断は「血液検査も異常なく、心電図も問題なく、、、原因不明」と不安の残る結果。「疲れがたまってたのかな?」と分析しつつ、「三人の子供は先週末からサマースクールがなくて家にいるから、正直私は毎日がギリギリな状態」と吐露。「とりあえず、吐き気止めの注射と点滴をしてもらい、すぐにまた家に戻って子供達の晩御飯、お風呂・・・こういう時も休めないから、本当辛くて涙が出ます」(原文ママ)と弱気になっている様子だ。

 この訴えにコメント欄には、「すごく分かる! 夏休みに入ると母は休み無し」「共感そういう時がホントに辛い」など母親たちからの共感が続々と投稿されており、「自分の体がSOSを出している間位はお休みになるべきです」「きるだけ家族に協力してもらって、休んでね」と励ましも。自律神経の乱れを指摘するコメントもあり、心配する声が集まっている。

 インリンは2008年に結婚し、2010年に長男を出産してからは故郷の台湾を拠点にママタレントとしても活動し、2013年に双子を出産している。(西村重人)