4日、お笑い芸人の古坂大魔王(44)が自身のブログを通じて3日に、タレントの安枝瞳(29)と入籍したことを公表した。また自身が“プロデュース”しているピコ太郎の「妻」も映った写真も併せて公開した。

 古坂は「兼ねてよりお付き合いさせて頂いていました、安枝瞳さん(女性)と、昨日8月3日(木)に結婚致しました(婚姻届を出しました)」と報告。安枝とは5年ほど前に出会ったことを明かすと、「私の年齢としてはガチガチの大人ですが未だ未熟な私と妻で、箸が転がっても拾う様な、トンボが教室に入って来ても窓開けて出す様な(私、例えが下手みたいです)、明るい家庭に仕上げて行きたいと思います。いやさ、命懸けで仕上げてみせます」と幸せいっぱいの様子を見せた。

 また古坂の妻となった安枝は「いつも笑わせてもらってて、楽しく過ごしているので、これからも引き続き、明るく楽しい家庭が築けたらいいなぁ、と思っております」とコメントを寄せている。

 さらに“プロデュース”相手であるピコ太郎からの言葉も。「アピシィチィイス、ピコ太郎です。お二人を見てると亀と牛の様な、雨雲と小豆の様な、マチュピチュとネドベドの様な感じがします。例えが下手ですいません。とても、仲良しでまるで私と多味の様です! これからは四人五脚で頑張ってまいります! ヨロピコおめでとうございまピコ!」と謎のテンションの言葉が古坂へ掛けられた。そしてピコ太郎がテレビ番組で78歳のお嬢様と言っていた彼の妻・多味も写った4人でのショットもお披露目。ピコ太郎と古坂だけではなく、多味と安枝も“そっくり”のようだ。(編集部・井本早紀)