米テレビドラマ「グッド・ワイフ」のスピンオフ「ザ・グッド・ファイト(原題) / The Good Fight」で、「プライベート・プラクティス」でナオミを演じていたオードラ・マクドナルドがレギュラーキャストに加わるとDeadlineなどが報じた。

 大ヒット映画『美女と野獣』でマダム・ド・ガルドローブ役を務めたことも記憶に新しいオードラは、「グッド・ワイフ」で連邦検事リズ・ローレンスを演じたが、同役でスピンオフにも出演するとのこと。彼女はデルロイ・リンドーふんする弁護士エイドリアン・ボーズマンの元妻でもあり、二人が抱える問題はシーズンを通して取り上げられるという。

 また、第1シーズンに出演していたジュリアス・ケイン役のマイケル・ボートマンと、法律事務所の調査員ジェイ・ディパーシア役のニャンビ・ニャンビが、第2シーズンからレギュラーに昇格されるそう。

 「ザ・グッド・ファイト(原題)」の第2シーズンは、2018年初旬に米CBS局の動画サービス CBS All Access のオリジナルドラマとして配信される。(澤田理沙)