山崎賢人&広瀬アリスが主演を務め、学園ミステリー小説「古典部シリーズ」を初めて実写映画化する『氷菓』において、最大の“謎”のカギを握るキャラクターを本郷奏多が演じることが発表された。

 米澤穂信による累計発行部数220万部突破した人気シリーズが原作。何事にも深入りしない主義の省エネ男子・折木奉太郎(山崎)と、好奇心あふれるお嬢様・千反田える(広瀬)を中心に、神山高校古典部の仲間たちが学園に潜む謎に挑んでいくさまを描く物語だ。

 この度、えるの伯父で、33年前に起きたある事件の重要人物である関谷純役を本郷が務めることが明らかに。えるが奉太郎の推理力を見込み、現在は消息不明の伯父が“やさしい英雄”と呼ばれるきっかけとなった、かつて神山高校で起きた事件の謎を解き明かしてほしいと依頼したことが、この映画の軸。古典部メンバーたちは、33 年前に発行された古典文集「氷菓」へとたどりつき、ある事件で関谷が英雄として学園を去った事実を知る……。

 出演オファーに対し、「アニメを観ていて好きな作品だったので、純粋にうれしかった」という本郷。本作には、主演の山崎、広瀬に加え、小島藤子(伊原摩耶花役)、岡山天音(福部里志役)というフレッシュなキャストがそろうものの、終始一人での撮影で誰とも一緒にならず寂しかったそう。役づくりについては「(安里麻里監督に)仰っていただいたイメージに近づけるようにしたつもりです」と自信をのぞかせる。

 関谷を「『氷菓』のタイトルにも関わる最重要人物」と語る安里監督は、キャスティングには大いに悩んだという。その上で役を担うことになった本郷について「天才とはこういう人を言うのかもしれないと感じます。こちらが持っていきたい方向をいつの間にか理解していて、気づいたらこなしてしまっている。聡明で、芝居やアクションの勘がすばらしく、撮影していて感動する瞬間が何度もありました。本当に魅力的な役者さんです」と紹介している。(編集部・小山美咲)

映画『氷菓』は11月3日公開