米テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のトニー・アルメイダ役で知られるカルロス・バーナードが、DCドラマ「SUPERGIRL/スーパーガール」の第3シーズンにゲスト出演するとTVLineなどが報じた。

 カルロスが演じるのは刑事マギー・ソーヤー(フロリアナ・リマ)の父親オスカー・ローダス。彼も警官だが保守的な考えを持ち、娘がレズビアンであることを知った後、ケンカの末ティーンエイジャーの娘を家から追い出したという。

 フロリアナは第3シーズンからはレギュラー出演ではなくなるが、できる限り起用するとクリエイターのグレッグ・パーランティはテレビ批評家協会の夏のプレスツアーで語っている。「彼女は素晴らしい演技をしてくれており、熱心なファンもいる。もっと出演してほしいが、彼女もほかにやりたい役がいろいろとあるようだ」と付け加えた。

 「SUPERGIRL/スーパーガール」の第3シーズンは10月9日からアメリカで放送される。(澤田理沙)