テレビドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系・毎週水曜夜10:00〜)の公式Instagramに、劇中で竹内涼真高畑充希をお姫様だっこする写真が投稿され、胸キュンの画(え)に悲鳴を上げるファンの声でにぎわっている。

 毎週、放送前に用意されるハッシュタグの内容は「#過保護のカホコお姫様だっこ」。先週放送された第4話では箱入り娘の加穂子(高畑)が初(竹内)に生まれて初めての告白をして玉砕するも、初は加穂子が自分にとってなくてはならない存在であることに気付き、「俺にはお前が必要だ」発言で加穂子のみならず世の女子を魅了した。

 インスタに投稿されたのは、第5話で河原で初が加穂子をお姫様だっこする様子を引きでとらえたもので、キャプションには「全日本女子キュン死注意報発令ですよ!! だっこのそのあとも…… お楽しみ!!」との呼びかけが。その様子に「うらやましすぎる…」「素敵(ハートマーク)胸キュン」「もー、こっちまで恥ずかしくてまともに見れない」「だっこのそのあとも…が気になり過ぎる!」と興奮するファンが続出。竹内が185センチの高身長を持つだけに、お姫様抱っこの位置が高い点も「萌え」ポイントになっているようで、「お姫様だっこが高い」とメロメロになるファンも目立った。

 ドラマの公式サイトにアップされている第5話の予告編にもこの「お姫様だっこ」が収められており、初がいつもお守りのように持っていた赤い絵の具を川に投げ入れたところ、加穂子がそれを拾いに川にジャバジャバと入っていき、そこへ初が駆け付け加穂子を抱き上げる……というもの。これまで何もできない自分を疑うことすらしなかった加穂子が、初に恋をして「自分が何にもできないのが本当に悔しい。自分が本当に嫌になる」と泣きじゃくり、自身が無力であることにうちのめされている様子からは、加穂子の大きな成長がうかがえる。

 第4話の終盤では常に忍耐強く温厚で、根本家の潤滑油的存在だった父・正高(時任三郎)が、自己チューな妻・泉(黒木瞳)と加穂子にブチ切れる一幕があり、第5話ではついに正高が家出。さらに、初の哀しい過去も明かされる。(編集部・石井百合子)