日本テレビ系で日曜日に放送中の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」で、福士蒼汰演じる主人公の友人役を務めている白洲迅。さわやかなルックスで、若手俳優の筆頭株である福士にも負けないイケメンの彼に注目!

 「愛してたって、秘密はある。」は、父親を殺したという秘密を抱える奥森黎(福士)を主人公に、愛する人の秘密はどこまで許せるのかを問うミステリー。白洲演じる安達虎太郎は、黎とその恋人の立花爽(川口春奈)の友人であり、育ちの良いお坊ちゃまでありながら気さくな人柄の青年だ。

 白洲自身は、東京都出身の24歳。第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでベスト30に選ばれ、2011年からは人気ミュージカル「テニスの王子様」に鳳長太郎役で出演。甘いルックスと178センチのすらりとしたスタイルでビジュアルが注目されただけでなく、得意のダンスの実力を発揮し人気を獲得した。

 その後は舞台や映画のほか、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や「学校のカイダン」(日本テレビ)、「ごめんね青春!」(TBS)など特にテレビドラマへの出演が相次いでおり、ブレイクが期待されている白洲。

 「愛してたって、秘密はある。」はミステリードラマとあり、視聴者は劇中のさまざまな謎の真相を気にかける一方で、「全員あやしい」展開にそれぞれのキャラクターにも関心を寄せている。これまでの放送で、虎太郎も影で何やら動いている様子が見て取れ、今後、より物語の核心に絡んでくるのではという声も上がっている。そんな役どころを好演する白洲の躍進も期待したいところ。(編集部・小山美咲)