実家や親戚の家に向かったり、家族サービスをしたり、お盆休みといえば“家族のシーズン”でもありますが、国民的アニメの父母の年齢って意外と年齢不詳……。しかし調べてみると意外と若い!? 公式サイトやアニメ本編で明らかにされているキャラたちの年齢をちょっとまとめてみました。

■野原ひろし35歳&野原みさえ29歳

 国民的父ちゃんといえば、「クレヨンしんちゃん」で野原家を支える大黒柱の野原ひろし。劇場版では女装を披露したり(『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ栄光のヤキニクロード』)、ロボになったり(『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』)とすさまじい人生を送っている彼ですが、「クレヨンしんちゃん」の公式サイトによると、野原ひろしは35歳とのこと。またその妻である野原みさえは29歳。ということは永遠の5歳児・野原しんのすけが生まれた時は、それぞれ30歳&24歳くらい!?  ひろしに関しては、よくアニメで「家のローンが……」と泣き崩れる姿が印象的ですが、その年齢で一軒家を購入できるひろしも今の時代ではなかなかすごいお父さんなのかも。

■毛利小五郎37歳〜38歳&妃英理38歳

 「名探偵コナン」の江戸川コナン(工藤新一)が居候しているヒロイン・毛利蘭は高校生2年生ですが、その母親である妃英理が蘭を生んだ時の年齢は先ほどの「しんちゃん」のみさえよりももっと若い! 英理は、テレビアニメ第32話「コーヒーショップ殺人事件」の登場時に37歳であること、第589話〜590話の「最悪な誕生日」で誕生日(10月10日)を迎えて38歳になっていることが明らかになっています。そのため別居中の夫・毛利小五郎は、彼女と同級生という設定なので37〜38歳。ということは蘭を生んだ時の年齢は……20歳前後! ちなみに小五郎と英理は学生結婚。アニメ第150話「自動車爆発事件の真相」では、小五郎が新婚時お金に困っていた際に、家庭教師のバイトをしていた時のエピソードが語られています。

■磯野波平54歳&磯野フネ50ン歳

 国民的アニメの元祖といえば、最も長く放映されているテレビアニメ番組としてギネス世界記録にも認定されている「サザエさん」は外せないですよね。「サザエさん」公式サイトによれば、サザエさん(24歳)の父母である磯野波平は54歳、磯野フネは50ン歳とのこと。フネさん、年齢をボカしちゃうチャーミングな部分あるんですね。サザエとマスオの息子である3歳のタラオがいるので、波平はおじいちゃんというイメージが強いですが、まだまだ定年前の働き盛りの年齢。マスオと一緒に出社する姿にも納得です。また国民的おじいちゃんのつながりでいうと、「ちびまる子ちゃん」のおじいちゃん、さくら友蔵がいますが、友蔵の年齢は76歳。波平よりもさらにおじいちゃんだったのです! 昨年テレビアニメで「まる子、柿をとりたい」の回(木に登っている友蔵が、自分は怪しいものではないと自身の年齢を言いながらアピールするシーンがある)が放送された際には、意外と年齢を重ねていたことに驚くファンからの声もありましたね。

 ご長寿アニメになればなるほど今の時代との違いも生まれてきますが、それにしても結構お若いキャラクターもいるもの。あなたにとって意外な年齢のキャラクターはいましたか?(編集部・井本早紀)