[アトランタ 7日 ロイター] - 米ジョージア州のアトランタ動物園は7日、手話を覚えたり、自分の部屋を掃除することができたオランウータン「チャンテック」が死んだことを明らかにした。39歳だった。

 心臓病の治療を受けていたが、詳しい死因はまだ分からないという。動物園の担当者は「チャンテックはユニークで魅力のある性格で、親しい人とコミュニケーションをとる特別な方法を持っていた」と述べた。

 チャンテックはアトランタの研究センターで生まれたあと、テネシー大学の人類学者と9年間生活した。チャンテックは部屋を掃除することを覚え、道具を作って使ったり、大学からデイリークイーンまでの道順を指示できたりした。

 また、ゴリラの「ココ」や雌チンパンジーの「ワショー」と並ぶ、手話を使える数少ない霊長類だった。2014年には、チャンテックを追ったPBS(アメリカの公共放送局)のドキュメンタリー「The ApeWho Went to College」が公開された。

 1997年にアトランタ動物園に移されたあとも、手話で飼育係とコミュニケーションを頻繁にとっていたという。ただ、知らない人とは手話を使うことには消極的だったという。