[ロンドン 7日 ロイター] - 英ロンドン大学と自然史博物館の研究チームが行った調査で、英国南西部に1万年前に生きた男性は浅黒い肌に青い目、高い頬骨を持ち、黒い巻き毛の髪をしていたことが分かった。

 調査では、1903年にチェダー峡谷でほぼ完全な人骨の形で発見された中石器時代の人物「チェダー・マン」の頭蓋骨に小さな穴を空けて標本を採取し、DNAを分析した。DNAの保存状況が極めて良く、チェダー・マンのゲノムを初めて解析し、容姿を分析することができた。

 この男性は、狩猟採集者で、祖先は氷河期末期に欧州に移動してきたとみられている。骨格は、自然史博物館に展示されている。

 今回の発見により、欧州北部に見られる典型的な白い肌色の色素編成が、これまで考えられていたよりはるかに最近発生したことが示唆された。

 英国先住の祖先の10%前後が「チェダー・マン」の部族につながるとみられている。

 解析結果は、オランダの古生物学上モデル製作専門家2人が再現し、18日放映予定のチャンネル4のドキュメンタリー番組で公開される。