映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)より、死んだふりを連発する妻(榮倉奈々)と、死んだふりに困惑する夫(安田顕)の不思議な夫婦の関係を描いた予告編が公開された。

 「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」と2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問が話題を呼び、ボーカロイド・初音ミクによる同名楽曲やコミックエッセイにもなったある夫婦のエピソードを映画化した本作。

 映像では、結婚3年目を迎えたある日、仕事から帰宅したじゅん(安田)の目の前に死んでいる(?)ちえ(榮倉)の姿が。救急車を呼ぼうと慌てるじゅんだったが、ちえは「わあ!」と声を上げて起き上がり「驚きました?」と嬉しそうに聞く。それ以降もちえは、名誉の戦死や矢に頭を貫かれるなど「死んだふり」を連発。どうして妻が死んだふりをするのか見当がつかないじゅんは、時に感心し、時に全力で死んだふりに付き合ってみるのだが、妻の謎の行動の理由が分からずに苦悩している。

 今回の映像では、チャットモンチーが歌う主題歌「I Laugh You」が初お披露目となり、「別にふざけてるわけじゃない……愛する君 自由な君」となぜ死んだふりをするのか、ちえの心境を表現。さらに本ポスターも公開され、榮倉と安田がともに印象深いと語る「ワニに喰われるシーン」をモチーフに、嬉しそうなちえと困った顔のじゅんの対照的な表情が意味深げなビジュアルとなっている。(編集部・梅山富美子)