女優の有村架純が、かわかみじゅんこの漫画に基づくTBS系10月期ドラマ「中学聖日記」(毎週火曜22時〜)で、再び禁断の恋に落ちるヒロインを演じることが決定した。有村が演じるのは、10歳下の教え子に惹かれていく中学校教師・末永聖(すえながひじり)。演出に塚原あゆ子、プロデューサーに新井順子と大ヒットドラマ「アンナチュラル」のスタッフが名を連ね、脚本をドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」などの金子ありさが担当する。

 女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のフランス在住の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画に基づく本作。片田舎の中学校を舞台に、遠距離恋愛中の婚約者と、勤務先の学校で出会った10歳年下の中学生・晶(あきら)との間で揺れ動く女教師を描く。

 有村にとって、本作はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」以来約1年ぶりのドラマ出演、民放連続ドラマ単独初主演。2017年10月公開の映画『ナラタージュ』では松本潤演じる高校教師と許されない恋に落ちるヒロインを演じていたが、本作では打って変わって教師役に。本作を「一言で表すと、新感覚。言葉にしようとすると、難しいです。ガラスを扱うような、そんな感覚。『中学聖日記』は、青春の1ページでは終わらない、壮大な恋愛物語だと思います」と評している。

 大学時代から交際している聖の婚約者・勝太郎の存在、勝太郎にアプローチする肉食系女子・律、担任教師に本気で恋した息子・晶を案じるシングルマザーの愛子……。数々の障壁に阻まれる聖と晶の恋。原作の世界観を踏襲しつつ、後半はドラマオリジナルストーリーを展開する予定だという。(編集部・石井百合子)

火曜ドラマ「中学聖日記」は10月よりTBS系にて毎週火曜22時〜放送