「好きな田中圭の出演作品ランキング」のトップ10が、ランキングサイト「ランキングー!」にて発表され、1位にドラマ「おっさんずラブ」が輝いた。

 劇場版が8月23日に公開され、2019年版のドラマ放送も決まっている「おっさんずラブ」。田中はピュアな乙女心を隠し持つ上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とドSな後輩でルームメイトの牧凌太(林遣都)に告白される独身男・春田創一を演じ切った。「これ以外考えられない」「おっさんずラブは革命的!」などの意見が上がり、2位に2倍以上の票数差をつけて圧倒的な1位を獲得した。

 2位に選ばれたのは、映画『相棒シリーズ X DAY』。 田中は警視庁サイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬にふんし、捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)とタッグを組んで陰謀渦巻く巨大な金融犯罪の真相に迫った。作品自体の面白さや配役がファンの心をつかんだようだ。

 3位はドラマ「東京タラレバ娘」。田中は既婚者ながら大島優子演じる鳥居小雪に近づくアブない優男・丸井良男役で視聴者のハートを射抜いた。「ずるい男も演じられるのだと感心した」「実はクズ男、という裏切りを上手く演じていた」と演技力を絶賛するコメントが寄せられている。

 4位は、新垣結衣ふんする深海晶という恋人がいながら元カノ・長門朱里(黒木華)と同居を続ける男・花井京谷にふんしたドラマ「獣になれない私たち」。5位はヒロイン・廣瀬亜紀(綾瀬はるか)に思いを寄せる学級委員・安浦正を演じたドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」。

 6位はドラマ「花咲舞が黙ってない」(第2話ゲスト出演)、7位はドラマ「5→9 〜私に恋したお坊さん〜」、8位はNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、9位はドラマ「民衆の敵 〜世の中、おかしくないですか!?〜」、10位はドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」だった。

 同ランキングは、10〜40代の男女を対象に2月27日に行われたインターネットリサーチ結果を集計したもの。有効回答者数は5,556名。(清水一)