アニメーション映画『我は神なり』が、10月から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

同作は、9月1日に監督作『新感染 ファイナル・エクスプレス』が日本公開されるヨン・サンホが2014年に発表したアニメーション映画。ダム建設に伴う立ち退き補償金に目をつけた教団や、不安につけ込まれて信仰に身を委ねる村人たち、教団に単身で立ち向かう中年男の人間模様を描く。

登場人物の中で唯一教団の陰謀に気がつくミンチョル役の声を演じるのはヤン・イクチュン。ミンチョルは日頃の悪行から村人たちに自分の言い分を聞き入れてもらえず、「悪魔に憑かれた男」の烙印を押されてしまうというキャラクターだ。今回公開されたポスターには「選ばれしは、神の子――。」のコピーが確認できる。