杉戸洋の個展『frontispiece and end leaf チリと見返し』が8月5日から東京・六本木の小山登美夫ギャラリーで開催される。

1970年に愛知で生まれ、4歳から14歳までアメリカ・ニューヨークで過ごしたアーティストの杉戸洋。日本画を学んだ後、1990年代から現代美術の領域で絵画を中心に創作活動を開始し、点や線、三角、台形、楕円といった幾何学的な形態を用いた作品を国内外で発表している。

同展では、7月25日から東京・上野の東京都美術館で開催される杉戸の個展『とんぼ と のりしろ』とは異なる視点で空間を捉え、壁面構成を活かした展示が行なわれるという。初日の8月5日にはオープニングレセプションを開催。詳細は小山登美夫ギャラリーのオフィシャルサイトで確認しよう。