星野源の新曲“肌”が、花王「ビオレu」の新CM「お風呂からひとつになろう」篇のCMソングに起用。自らCMに出演もしている。

“肌”は星野源が「ビオレu」の新CMのために書き下ろした楽曲。同曲は8月16日にリリースされるシングル『Family Song』に収録される予定だ。

7月27日から放映されるCM映像では、新CMキャラクターに起用された星野源が“肌”を口ずさみながら登場。入浴中の家族を写した多数の写真を眺める様子が映し出される。幼少時に親と一緒に風呂桶にボディータオルを乗せ、タオルに洗浄料をこすりつけて息を吹きかけ、大きな泡を作っていたという星野源は、撮影時に「気持ちいい時間だった」と当時を振り返っていたとのこと。また“肌”については「視聴者の方々の目や耳にも新鮮に映るといいな」と語っているという。

「ビオレu」は7月29日に改良新発売される予定。新処方の「洗浄力コントロール処方」を採用し、家族一人ひとりの皮脂汚れの量に合わせて洗浄力をコントロールするという。なお本日7月25日に「お風呂からひとつになろう」キャンペーンの特設サイトがオープン。CMのメイキングの様子も紹介される。