大森靖子の新曲“draw (A) drow”のPVが公開された。

同曲は8月30日にリリースされる大森靖子のニューシングルのタイトル曲。シングルには“draw (A) drow”に加え、欅坂46のカバー“サイレントマジョリティー”などが収録される。

PVでは大森靖子と千葉雄大が初共演し、演出を番場秀一が担当。「どれだけ愛しても、どれだけ憎んでも、人はすれ違ってしまう。」をテーマに据え、2人が対峙する様子や、千葉雄大が大森靖子にナイフを投げる場面などが映し出されているほか、演奏シーンにはピエール中野(Dr / 凛として時雨)、藤本ひかり(Ba / 赤い公園)、鈴木大記(Gt)が出演している。

また同曲では、大森靖子と千葉雄大それぞれの視点から「愛憎」と「すれ違い」を表現した2種類のPVを制作。「大森靖子Ver.」がGYAO!で、「千葉雄大Ver.」がYouTubeで公開されている。

あわせてシングル『draw (A) drow』のジャケットが公開。ジャケット撮影はPVの収録現場で行なわれ、DVD付きバージョンのジャケットには大森靖子と千葉雄大が向き合っている姿が捉えられている。