台風クラブのアルバム『初期の台風クラブ』が、8月23日にリリースされる。

山本啓太(Ba)、石塚淳(Vo,Gt)、伊奈昌宏(Dr)によるスリーピースバンド・台風クラブ。京都を拠点に活動し、2015年に発表したCD-R『ずる休み』の収録曲が、本秀康主宰の雷音レコードから7インチアナログ盤としてリリースされている。

初の全国流通盤フルアルバムとなる『初期の台風クラブ』には、“ずる休み”“処暑”などの楽曲や、今年に7インチシングルとして発表された“相棒”“飛・び・た・い”など10曲を収録。既発曲は全てリテイクされる。ミキシングエンジニアとして江添恵介(渚のベートーベンズ)、マスタリングエンジニアとして吉川昭仁(Studio Dede)が参加している。ジャケットはメンバーの石塚淳が手掛けており、アナログ盤のジャケットはメンバーによる手刷りで制作されるという。