マシュー・ヴォーン監督の映画『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開日が2018年1月5日に決定。あわせてティザービジュアルと新予告が公開された。

ティザービジュアルには、「英国紳士、米国に行く」「スパイアクションの新時代がやってくる!」というキャッチコピーと共に、スーツに身を包み、武器となる傘を使いこなすキングスマンのエージェントと、上下にデニムを纏い、鞭を握りしめたアメリカのスパイ機関「ステイツマン」のエージェントの姿が写し出されている。

またThe Whoの“My Generation”のアレンジが流れる新予告では、カーアクション、ジュリアン・ムーア演じるゴールデン・サークルのボスが「キングスマンに“さよなら”よ」とキングスマンの基地を爆破するシーン、タロン・エガートン演じるエグジーが同盟関係にあるステイツマンを訪ねる様子や、復活を遂げるコリン・ファース演じるハリーが会議に同席している場面、トレードマークの傘を用いた戦闘シーン、ステイツマンのエージェントがロープを操り敵を翻弄する様子などが確認できる。

2015年に公開された『キングスマン』の続編となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』。キングスマンの拠点が謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃によって壊滅し、一流のエージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンが、同盟を結ぶステイツマンとタッグを組んでゴールデン・サークルに立ち向かうというあらすじだ。