映画『一度死んでみた』の第2弾キャストが発表された。

父親・計のことが大嫌いな大学生の野畑七瀬を主人公にした同作は、「一度死んで2日後に生き返る」薬を服用して仮死状態になった計が陰謀によって生き返る前に火葬されそうになったことから、七瀬が計の部下・松岡と共に計を生き返らせようと奮闘する様を描くコメディー。売れないデスメタルバンド「魂ズ」のボーカル・七瀬役を広瀬すず、父・計役を堤真一、存在感のない松岡役を吉沢亮が演じる。公開は2020年3月20日。

新たに出演が発表されたのは、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA)、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡。

リリー・フランキーは「天国の案内人」火野役、小澤征悦は計が社長を務める製薬会社・野畑製薬で秘書として勤める渡部役、嶋田久作は野畑製薬のライバル会社で計を亡き者にしようと企てるワトソン製薬の社長・田辺役、木村多江は計の妻で七瀬の母・野畑百合子役、松田翔太は野畑製薬で「2日だけ死んじゃう薬」を生み出した研究員・藤井さん役、加藤諒は「魂ズ」を応援するオタク役、でんでんは七瀬のアルバイト先であるラーメン屋の店主役、城田優は野畑製薬の警備員役、原日出子は野畑製薬の掃除の「おばさん」役、真壁刀義(新日本プロレス)と本間朋晃(新日本プロレス)は七瀬と松岡の邪魔をするワトソン製薬の手下役、野口聡一(JAXA)は宇宙飛行士役、佐藤健は高級クラブのボーイ役、池田エライザは高級クラブのキャバクラ嬢・あかね役、古田新太は計の元同僚役、大友康平は「魂ズ」を見守る音楽ディレクター・ジェームズ布袋役、竹中直人は百合子の葬式で独特なお経を披露する坊主役、妻夫木聡は計の葬儀会場として使用されるクラウンホテルの支配人役、志尊淳、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬は野畑製薬の社員役を演じる。

今回の発表とあわせて、役衣装をまとった新キャストの「デスポーズ」姿を写し出したビジュアルが公開された。