アニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』が2020年に公開される。

2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化された田辺聖子の同名小説をもとにした同作。趣味の絵と本と想像の中で自分の世界を生き、車椅子生活を送るジョゼが、自分の夢を追いかける大学生の恒夫と出会ったことで、意を決して彼と共に外の世界へ飛び出すことを決める姿を描く。

メガホンを取るのは『ノラガミ』シリーズのタムラコータロー。アニメーション映画の監督を務めるの初となる。『初恋ロスタイム』の桑村さや香が脚本、『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインと総作画監督、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の絵本奈央がキャラクター原案、Evan Callが音楽を手掛けるほか、アニメーション制作をボンズが担当する。

タムラコータロー監督は「この作品にはどんなに時が経っても多くの人の心を捉えて離さない不思議な魅力があります。どこにでもありそうで、どこにもなかった物語。新しい時代を迎えた今だからこそ映像化を通して再度スポットライトが当てられれば幸いです」とコメントを寄せている。

田辺聖子事務所は「扉を開ける前のすくむような気持ち、そして扉を開けたときの驚きと、あふれるような喜び。この作品をご覧になる皆様が、ジョゼの“冒険”を一緒に楽しんでくださいますように。原作者・田辺聖子もきっとそう望んでいると思います」と述べている。

発表とあわせてティザービジュアルが公開。車椅子に座る女性の姿などが写し出されているほか、「ずっと、届かないと思ってた――。」というコピーが使用されている。

また、『ジョゼと虎と魚たち』が絵本奈央によってコミカライズ化されることも発表。1月6日刊行の『ダ・ヴィンチ 2020年2月号』から連載が開始する。

■タムラコータロー監督のコメント
ようやく発表できました。田辺聖子さんの短編小説「ジョゼと虎と魚たち」が執筆されてかれこれ干支が三周しようとしてるわけですが、この作品にはどんなに時が経っても多くの人の心を捉えて離さない不思議な魅力があります。どこにでもありそうで、どこにもなかった物語。新しい時代を迎えた今だからこそ映像化を通して再度スポットライトが当てられれば幸いです。

■田辺聖子事務所のコメント
主人公のジョゼは、足の悪い、ちょっと世の中をナナメに見ている女の子。そのジョゼが、人を愛することによって、世界への扉を一つずつ開いていきます。扉を開ける前のすくむような気持ち、そして扉を開けたときの驚きと、あふれるような喜び。この作品をご覧になる皆様が、ジョゼの“冒険”を一緒に楽しんでくださいますように。原作者・田辺聖子もきっとそう望んでいると思います。