グザヴィエ・ドラン監督の新作映画『マティアス&マキシム』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

『第72回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に出品された同作は、グザヴィエ・ドランがルカ・グァダニーノ監督『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受けてメガホンを取ったという作品。30歳で幼なじみのマティアスとマキシムが、友人が撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じたことをきっかけに、秘めていた互いへの気持ちに気づき始めるというあらすじだ。『トム・アット・ザ・ファーム』以来、約6年ぶりにドラン監督が役者として自身の作品に出演しているほか、ガブリエル・ダルメイダ・フレイタス、ピア・リュック・ファンク、ハリス・ディキンソン、アンヌ・ドルヴァルらが出演。9月25日から公開される。

予告編では、マティアスとマキシムがキスしようとする姿をはじめ、「罰ゲームは……妹の映画でキスを」と言われた2人が口を閉ざす様子、マキシムの「オーストラリアで人生やり直したいんだ」という吐露に女性が「どこに逃げたって同じさ」と吐き捨てるシーン、「彼は友達以上?」と問われたマティアスが「いや……あんなアザ野郎」と返答する場面、「そうやって自分を騙し続けるのか」という言葉などが確認できる。

キスを交わすマティアスとマキシムの姿が写し出されたポスタービジュアルには、「その瞬間、恋に変わった。」というコピーが添えられている。

ドラン監督は『君の名前で僕を呼んで』について「しばらく動けないほどの衝撃だった。恋についての真実を審美的な映画で見ることはなんて感動的なんだろう。僕は自分が20代の頃のことを思い出した」とコメント。『マティアス&マキシム』を捧げたい監督の1人として、ルカ・グァダニーノ監督の名前が本編の冒頭で記されているという。ドラン監督の地元カナダ・ケベックで撮影し、仲間役を監督の実際の友人たちに依頼したとのこと。