神戸市長田区の住宅地にある『Pâtisserie Aux plaisirs sucrés(パティスリー オ プレジール シュクレ)』。
2015年にオープン以来、地元の方や遠方よりリピータが訪れるほど多くの人々に愛されている。

フランス国旗が目印!看板も手作り



オーナーの大江徹さんはこの地で生まれ育った。阪神・淡路大震災後、大好きなフィナンシェが縁を結び、アンリ・シャルパンティエで製菓の基礎から学ぶことに。その後、導かれるようにフランスへ。出会う人々との繋がりを通じ「カール・マルレッティ」ほか数々のショップで腕を磨かれた。思い立ったら即実行という行動力はまるで物語のようだ。

全ての作業をこなすオーナーの大江さん



フランス「ポワラ―ヌ」のエコバック!購入も可



ケーキは常時8〜10種類。シフォンケーキや旬のフルーツを使いながらメニューも変わっていくとか。

今が旬の白桃!


大人気モンブラン!


クリームブリュレは、バーナーでキャラメリゼに!



「ケーキなどは甘さを控えめに。マカロンの種類も少しづつ増えてきました。今後はルリジューズ(大小のシューを重ねたもの)なども作っていきたいです」と大江さん。

オーダー後 サクッとしたシューにカスタードクリームがたっぷり!


マカロン専門店のレシピをベースに作られている


フィナンシェなど詰め合わせもOK



店名を訳すと「甘い喜び」。これからもたくさんの喜びを届けてくれそうだ。
訪れるには、最寄駅から距離があるため車が便利かも。

詳しくは、facebookをチェック!