神戸市では、毎月旬な食材がお得に買える『やさいの日・おやつの日・神戸ととの日』を実施。卸売業者と仲卸業者、そして地域の小売店がタックを組み、新鮮な果物・野菜・魚類を特別価格で販売される。販売は参加店のみとなるが、対面販売の面白さを体験するきっかけになるかも。

「神戸市内の卸・仲卸・小売の流通三者が連携し、地域のお店で毎月のイベント「やさいの日(8日)」「おやつの日(8日)」「神戸ととの日(10日)」を始めました。プロが自慢の目利きで中央卸売市場から仕入れた旬の食材をお値打ち価格で販売するほか、品種による味の違い、食べごろ、こどもが食べやすい調理法など、地域のお店には買い物が楽しくなる情報がいっぱいです。」と話すのは、神戸市経済観光局の中村さん。

8月10日(神戸ととの日) 神戸市須磨区・板宿本通商店街



◇鮮魚ショップこうちゃん(板宿銀映商店街)

300円コーナーには「さごし」「むきえび」などがズラリ!



◇村上鮮魚店(板宿きたいちば)

500円コーナーには、あ・わ・び!!


Tシャツもかわいい!



『やさいの日・おやつの日』のイラストもほんわか。

神戸市東灘区 岡本商店街より「松見商店」


神戸市中央区 大安亭市場より「フルーツのながお」



◇西本果物店(神戸・長田神社商店街)
「少しづつ皆さんに知っていただき対面販売の良さを感じてもらえれば。個々に協力しあって盛り上げたい。」と神戸果物商業協同組合 西本さん。

9月は梨を販売予定!と西本さん



これからは神戸市内の市場などへ出かける機会も増えそうだ。
詳しい参加店などは、WEBやFacebookをチェック!

※神戸流通活性化推進事業WEB:参加店は神戸ととの日のみ掲載