標高 2571mにあるエーデル ヴァイスシュピッツェから望むオーストリアの最高峰グロースグロックナー山。麓には、高地アルプスの風景がずっと広がっている。

朝7時、そこの空気はまだ冷たい。しかし、グロックナー山群の最も高い山頂では、すでに朝日が温かい光を注いでいる。エーデルヴァイス シュピッツェの下には、ヨーロッパ一ドラマチックと謳われるワインディングロード"グロースグロックナー山岳道路"がある。

遠くの方から、心地よいエンジンサウンド響かせながらやってくる2台のクルマが見えてきた。その正体は、2台のポルシェ 550スパイダーだ。550スパイダーといえばポルシェが開発した本格派レーシングカー第1号であり、1950年代にポルシェ・モータースポーツの歴史を切り開いたモデルである。

ドライバーの二人が、冷たい向かい風から身を守るために被っていたウールの帽子を脱いだ。550スパイダーを操縦していたのはヴォルフガング・ポルシェとその息子フェルディナンドだった。これまで2人は一緒にグロースグロックナー山岳道路をドライブしたことがなかったという。「私の祖父であるフェルディナンドはすでにこの山岳道でテスト走行を行っていました。それは父のフェリーも同じです。彼はその時に農家屋敷『シュットグート』を偶然発見したのです」と、Dr.ヴォルフガング・ポルシェは朝食をとりながら振り返る。



フシャートゥールから約35km離れたザルツブルク南部の地ツェル・アム・ゼーにある農家屋敷『シュットグート』は、80年近く前からポルシェ一族ゆかりの地となっており、現在はヴォルフガング・ポルシェがそこを住居として使用している。親子でポルシェの歴史を代表する2台のレーシングカーを駆り、ピッフアルペやヘクセンキュッヘと呼ばれるヘアピンカーブに果敢に挑戦する。

「550 スパイダーでドライブするのはこれが2回目なんです。ちなみに僕の名前はフェルディナンドですが、呼び名は ”フェルディ” でお願いします」と笑顔で挨拶する彼は、「時速50キロで走っていても体感スピードはそれ以上です。この時期に山岳道路をオープントップで走ると、寒さが厳しいですが、だからこそドライビングプレジャーも特別なんでしょうね」

薄めのバケットシート、決して大きくはないフロントガラスは、まさにレーシングスポーツに特化した妥協のない装備である。1950年代半ばに開発された 550スパイダーのコンポーネントは可能な限り軽量に仕上げられ、総重量は600kgにも満たない。そんな前代未聞の軽量設計ボディに110馬力を発揮する1.5リッター水平対向エンジンを組み合わせ、ライバルよりも優れた走行性能を実現したのである。設計者の名にちなんでフールマンエンジンと名付けられたそのエンジンは、ポルシェがレース専用に設計した初めてのパワーユニットであった。今日フェルディ・ポルシェが操るシルバーカラーの550スパイダーは、当時アメリカのクラブレースに持ち込まれた後、再び大西洋を渡り、プライベートコレクションとして父親ヴォルフガングのもとへ来た一台である。

クルマへ注ぐ愛情の大きさは父親も息子も変わらない。その情熱はポルシェ一族において着実に受け継がれている。「自動車中心の生活は祖父の時代から続いていることで、それが変わることはこれからもありません」と話すヴォルフガング・ポルシェ。彼自身もすでに少年時代からステアリングを握り、たくさんの思い出を残してきた。



そして1956年、ヴォルフガング・ポルシェは弱冠12歳で、ツッフェンハウゼンでラインオフした1万台目のポルシェを運転することが許されたのであった。当時について、「前の晩は興奮してよく眠れなかったことを今でも覚えています」と現在77歳の彼は話す。

そんな彼らのスポーツカーへの情熱が一段と高ぶるのが、グロースグロックナー山岳道路なのだ。ポルシェ・アウトモビル・ホールディング SE およびポルシェ AGの監査役会会長を務めるヴォルフガング・ポルシェは、山頂へと伸びるその道路に時間が許す限り頻繁に足を運び、決まった場所で記念写真を1枚撮る。クルマは変わっても、背景はいつも同じ。

ヴォルフガング・ポルシェが今日運転し、すでに何度も被写体となっているホワイトの550スパイダーが持つ歴史も興味深い。もともとフェリー・ポルシェのプライベートカーであったもので、当時ポルシェレース部門の責任者であったフシュケ・フォン・ハンシュタインの手に渡り、ツェル・アム・ゼーのアイスレースをはじめとする様々なレースイベントに出場した。一族の伝統行事であったGPアイスレースも2019年以降、息子フェルディとヴィン ツェンツ・グレガーの手によって注目イベントとして復活している。父ヴォルフガングは2019年、GP アイスレースの第一回リバイバルイベントにこのホワイトのスパイダーで登場し、アイスバーンを走り抜けた。



「GPアイスレースを観戦しに来てくれた熱気あふれる多くの若い観客の姿を見ると、クルマに対する情熱が自分と同じ世代の人々にも受け継がれていることが分かります。だからこそ数々の革新技術が応用されたポルシェタイカンがEV セグメントにおける新たなマイルストーンを打ち立てたことに大きな喜びを感じます」とフェルディはいう。

「私は大きな放牧地と200頭のピンツガウ牛を飼育し、酪農業を副業としています」とヴォルフガングは笑う。「私たちはパンを焼いたり、蒸留酒を作ったり、肉も自ら処理しています。また狩猟も行いますから、自給自足の生活を営んでいるわけです」と誇らしげにいう父親の言葉に、息子のフェルディが「鶏はまだ飼育していませんが、近々養鶏も始める予定です」と補足する。



ヴォルフガング・ポルシェは、「しっかり地に足を着けて生きていくことが大事です。その重要性を子供たちにも学んで欲しいと常に考えてきました」という。

天気がいい日であっても楽しい体験だけでなく、時には挑戦的なドライブも要求してくるグロースグロックナーの山岳道路。550スパイダーのステアリングホ イールを握っていればその楽しみも倍増するだろう。ヴォルフガング・ポルシェがこの日の朝、元来たワインディングロードを下り家路へと向かう前に、「いつもの場所でお決まりの記念写真を撮ってくれないか?」と、写真家のシュテファン・ボーグナーにお願いをした。