今回の主役であるポルシェ908(シャシーナンバー022)は、1970年公開映画『栄光のル・マン』でカメラカーとして使用された一台である。現在、見事にレストアされ、スティーヴ・マックイーンが実際にレース出場したときと同じコンディションへと蘇っているという。

映画には様々な名車が登場しているが、ほとんどが状態が良いまま保管されている。しかし、ピンクフロイドのドラマー ニック・メイソンが所有しているフェラーリ 512S(#1026)のように、外観が変わっているものも中にはある。デレック・ベルがステアリングを握り撮影に挑んだのだが、撮影中に燃えてしまい、再製造されたのだ。マックイーンがドライブしていた姿が印象的なスレートグレーのポルシェ911Sは新車のように美しいままである。そして、この022は撮影の際に3台のアリフレックス製カメラが搭載されていた。1970年のル・マン24時間を映画用に撮影したクルマでもある。

そのドライバーを務めていたジョナサン・ウィリアムズは2014年に亡くなっているが、もうひとりのドライバーであるヘルベルト・リンゲは当時のことを昨日のことのように覚えている。「908.022には撮影のため様々なものがくっつけられていました。そんなクルマを、ル・マンで運転するのは簡単ではなかったですよ。40kgも増加し、バランスとスピード、どちらにも大きく影響していました」リンゲがステアリングを握っていた022は24時間を走り切り、9位でゴールしたといわれているが、リンゲによると規定違反を指摘されて失格となっている。こちらが正しい事実であろう。

映画の撮影は5カ月にも及んだ。他のレーシングカーも撮影用車両として用意され、アリフレックス製の動画カメラを搭載するために支柱が取り付けられたりと、少し残念にも思えるモディファイが施されている。そんな中でこの908.022はレースデビューを果たした。1969年2月1日、2日の「デイトナ24時間」でそのキャリアをスタートさせている。しかし、他のポルシェと同様に626ラップ目の中盤でカムシャフトが破損しリタイアすることに。その後、ポルシェのファクトリーに送られ、オープントップ仕様の908/02へと変更された。アリゾナへと渡り、マックイーンの撮影プロダクションである「ソーラー・プロダクション」に売却された。



1970年の2月、3月、”スーパースター” マックイーンはこのポルシェ908/02を駆って4戦に参戦した。そのうち、2戦で勝利を獲得。デビュー戦となったホルトビル・レーストラックでは、歴代コースレコードを2秒も縮めている。マックイーンがレーサーとしても類い希な才能を持っていたことを証明するものだろう。1970年のセブリング12時間では、マックイーンとピーター・レブソンのペアで参戦し、2位でフィニッシュ。このレースで優勝したのは、マリオ・アンドレッティ、イグナツィオ・ギュンティ、ニーノ・ヴァッカレラチームが駆るフェラーリ512Sだった。

こうした戦歴を辿りながら、1970年のル・マン24時間レースではカメラカーとして使用される。そして、その後は様々なレーシングチームやオーナーのもとへ渡り、耐久レースで活躍していた。レースでかなり大きなダメージを負い、廃車寸前になっていたのだが、ある一人の絶大なポルシェ908ファンが購入する。それが、現在のオーナーであるオーストリア人のアウグスト・ドイッチュである。購入したときは、エンジンとギヤボックスもない状態であったという。



彼は当初、この022をシャシーナンバー018の908/02のパーツ取りにするつもりだったそう。しかし、彼はもう一度復活させた。ドイッチュはクルマのオリジナリティについて気にするタイプではなかったため、ロッターシュミット製ボディ、ポルシェの水平対抗6気筒ツインターボエンジン、ポルシェ935のギヤボックスといったもので再生させた。1980〜1988年までドイツやオーストリアのローカルレースを中心に走り続け、022はガレージにしまい込まれ10年間もの眠りについた。そして、1998年、ヒストリックレースイベントの「AvD オールドタイマー・グランプリ」の設立者であるフーベルトゥス・グラフ・ドンホフが、ドイッチュにある言葉をかけた。「あの伝説の『908/02』をニュルブルクリンクで走らせないか?」と。しかし、同時に彼はドイッチュに、「オリジナルの状態にレストアしてほしい」という条件をつきつけた。

そして、2年間を費やしたレストアが終了し、2000年5月にがヒストリック・ヨーロピアン・スポーツプロトタイプレースのグリッドに並んだ。



022には映画に登場した輝かしいキャリアもしっかりと示されている。ドイッチュの名前の下には"STEVE McQUEEN"の名が刻まれている。