この記事は『社用車だったポルシェ911カレラ3.2│カスタムされた美しいワンオフモデル』の続きです。

かつてポルシェAG社長のアシスタントを務めていたティルマン・ブロドベックは、この特別な社用車を約1年間ドライブしていた。

「このターコイズカラーはどこに行っても目立つので、様々なところへ出かけていったものです。最初のドライブはフュッセンへの旅でした。国境の検問所に並んでいると、反対車線からやってくる人たちに"グッドラック!"と声をかけられたりしました」

彼はイタリアのスキーリゾート「パッソ・デッロ・ステルヴィオ」に頻繁に訪れたいたが、「Bella macchina!(なんて素敵なクルマなんだ!)」とよく声をかけられたそうだ。「丘を降りる途中でブレーキがオーバーヒートしなかった唯一のクルマでしたよ」

美しいターコイズカラーの911
 
ブロドベックは歴代5名の社長のアシスタントを務め、ポルシェ・エクスクルーシブ責任者に就任した。そして、彼の相棒ともいえる社用車はスウェーデンへと渡り、1986年7月にスウェーデンで登録されている。走行距離はその時点で4万kmを刻んでいた。31年間、北欧にとどまり、ふたりのオーナーがそれぞれ6万kmずつ走らせている。

そして、2017年にポルシェコレクターであるロニー・パンホルストがこのクルマを発見した。彼は同じくポルシェコレクターである友人のフランク・トロッシュに相談を投げかけた。実はトロッシュは17歳の時に、このクルマに出会っていたのだった。

トロッシュはこう話す。「私の父は工業用プラスチックをポルシェに納品する仕事をしていました。ティルマン・ブロドベック氏と友人だったのです。彼はよく、ニュルンベルクの私たちを訪れるために、あのターコイズポルシェをドライブしてきていたんですよ」。そして彼は、「このクルマを買うべきだ。夢のようなストーリーをもった、世界に一台のクルマだから」と声をかけた。

入庫前にフライベルクのポルシェ・クラシックにおいて、フルレストアが行われた。すべてのフルードとフィルターの交換、車高やバランスの調整、ブレーキホースやその他のゴム製パーツの交換、電気系統のチェック、脆くなったシール類の交換など、必須の修復が施された。

ポルシェ・エクスクルーシブのトップとして、ポルシェ・オブ・ジル・サンダーやスイスの著名な家具デザイナーのカルロ・ランパッツィのために鮮やかなオレンジ色の911ターボ・カブリオレを手がけたブロドベックは、「今見ても、このターコイズカラーは素晴らしいです」と言いながらしばらくの間ターコイズのシートに腰をかけていた。