シャシーNo.81062のこの素晴らしい一台は、1955年12月13日に完成した。ファクトリーのデータによると、これは15台生産されたPre-Aカレラスピード​​スターのうち7番目のカレラスピード​​スターである。

赤褐色の車に初期生産の1488cc、4カムエンジン(No.90523)と、"7574H"が刻印された4速マニュアルトランスミッションを装備している。ヘッドランプをシールドビームに換装し、計器をマイル単位米国仕様に仕上げた後、ニューヨークのホフマン・モーターカンパニーに出荷された。

極上コンディションの356Pre-A カレラ スピードスター

数人の手に渡り、カレラスピード​​スターを知り尽くし、コレクターでもあったスティーブン・ハインリッヒのもとへ渡る。彼が所有するまでの間で、オリジナルエンジンが外されていたが、ハインリッヒはそれを追跡してクルマに戻すことができた。それからカリフォルニア州パームスプリングスのマイク・マリックスに販売され、次に、彼はそれをワシントン州シアトル地域の自動車コレクターであるジョン・マッコウに売却した。

マッコウは、カリフォルニア州ロングビーチにある有名なジョン・ウィルホイット・オートレストレーションにクルマを預けた。そこでは、2年半にわたってフルレストアが施されている。オリジナルのスピードスターレッドでリペイントされ、インテリアは綺麗なタンレザーが張られ、新しい折りたたみ式のトップとサイドカーテンセットも提供された。新しいフロントガラスも取り付けられている。

レストアが施されたスピードスターは、ドイツのザールブリュッケンにあるClassicPartsを通じて現在の所有者に販売された。

81062は10月開催のオークションに出品されるが、良いコンディションの車両に加えて、オリジナルの16インチのスチールホイールとサイドカーテンのセットが付属する。ミッレミリアにも参加可能で、コレクションに追加する価値があるだろう。