あなたのポルシェのこと教えてください企画第九弾!  集まってきている様々なストーリーをご紹介します。

第一弾はこちら  第二弾はこちら  第三弾はこちら  第四弾はこちら  第五弾はこちら  第六弾はこちら  第七弾はこちら  第八弾はこちら



オーナー:インヂュニアさん 

所有車:ポルシェ964カレラ2(1993)
所有歴:27年
 


ポルシェを好きになったきっかけ:小学生の時にスーパーカーブームをもろに影響を受けました。当時は911よりも924や928などFRポルシェの方が好きでした。しかし大学生の時にちょうどバブル景気で父親宛のダイレクトメールを手に964を試乗して金庫の様なボディ剛性と空冷エンジンの魅力にヤラレてしまいました。
 


愛車とのストーリー、アピールポイント:いつか964を買おう!と心に決めていたのですが社会人となって數年目に1993年秋に993が発表されました。ナロー以来伝統のフロッグアイを捨てたデザインが当時は好きになれませんでした。どうしても新車で964が欲しくなり何とか半分お金を工面して残りを60回ローンを組んで93年12月に在庫を購入しました。若くしてポルシェオーナーとなり納車後に『とんでもないものを(分不相応にも)買ってしまった!』と膝が震えてしまった記憶があります。そして月日が経ち、今度27年目の車検を迎えます。人生の半分以上を共に過ごした大事な相棒です。





オーナー:たたさん



所有車:85年カレラ
所有歴:1年半
 


ポルシェを好きになったきっかけ:小学生の頃のスパーカーブームの中、周りはランボルギーニやらフェラーリといった角ばったに行く中、曲線美のデザインに惚れたのとサーキットの狼の早瀬左近に憧れてタミヤのラジコンの934をナローのRSに改造したり自分にはポルシェしかないと言い聞かせてました。


 
愛車とのストーリー、アピールポイント:社会人になり2台目の車が72年のRS仕様の911Sでしたが10年程所有。当時はまだ10年超えのクルマは1年車検でしたし2.4リッターでも自動車税は8万超え、ある事情から泣く泣く売却。手放してもポルシェへの未練は消えず、20年越しに友人の紹介でほぼ解体状態の930を手に入れ全て、自力のレストアまがいの修理を決行し73RS仕様へ、最近やっとナンバー取得。これからも愛情を注ぎ乗り続けるつもです。





オーナー:ポロン


 
所有車:2005年 911カレラ
所有歴:2年



ポルシェを好きになったきっかけ:小学校5年生の時に見た漫画、サーキットの狼での早瀬が乗るポルシェ911とスーパーカーショーにて。
 
愛車とのストーリー、アピールポイント:ポルシェを購入するまで遠回りをしましたが、年齢的にもこのクルマが上がりのクルマになると思います。