2020年代前半を目処に、トヨタ自動車がリチウムイオン電池に代わる「全固体電池」を実用化、既存のガソリン車と遜色無いEVの実現を目指しています。

同社は2017年12月に「全固体電池」開発などの協業でパナソニックと合意。

「全固体電池」は従来電池比でイオン伝導率が約2倍、出力が3倍以上に達する模様で、多くの電力が必要となる発進時や加速時などに威力を発揮するとされており、実用化に向けた期待が高まっています。

そうしたなか、滋賀県大津市で特殊ガラス製品の製造・販売を手掛ける日本電気硝子㈱が、世界で初めて正極材にナトリウム系の結晶化ガラスを用いた全固体電池の室温駆動に成功したそうです。

同社によると「ガラスの軟化流動性を活かしてイオン伝導性が高めれる」、「資源が豊富なナトリウム採用で供給不安が無い」、「異常発火や有毒な硫化水素の発生が無い」などのメリットが有るとしています。

「全固体電池」は長寿命でエネルギー密度を高くできる可能性が高いことから、EV用途として期待されており、今後の開発動向が注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、日本電気硝子)