■加害者には事故の状況に応じて刑事、行政、民事責任が発生

●ドライバーは万一の事故に備えて強制加入の自賠責保険と任意保険に加入

どれだけ安全運転を心がけても、交通事故は避けられません。万一の事故に備えて、ドライバーは加害者であればどのような責任を負うのか、被害車ならどのような損害賠償が受けられるのかを認識しておくことが必要です。

交通事故で発生する責任や損害賠償について、解説します。

●交通事故の現状

2017年の交通事故件数は472,165件、負傷者数580,850人、死者数3,694人と、件数と負傷者数は13年連続で減少、死者数は1948年以降で最少となりました。

ただし、事故死者数の半分以上が65歳以上の高齢者で、その割合は増加傾向にあり大きな社会問題になっています。

いっぽう悪質な交通事故の増加を受け、2001年の「危険運転致死傷罪」と2007年の「自動車運転過失致傷罪」を併合する形で、より強化された「自動車運転処罰法」が2014年から施行されました。近年のあおり運転の多発などを受け、2020年には改正法が施行されています。

●事故の加害者が負う3つの責任

・刑事上の責任
悪質かつ重大な交通事故、例えば交通事故で人を死傷させると、自動車運転処罰法の「過失運転致死傷罪」に問われます。

・行政上の責任
比較的軽微な交通事故の場合は、道路交通法に基づき事故の内容によって付与される交通違反点数に応じて、運転免許の停止や取り消し、交通反則金の納付などの処分が課せられます。

・民事上の責任
自賠法(自動車損害賠償保障法)や民法に基づき、加害者は被害者に対して損害賠償責任が課せられます。

●請求できる3つの損害賠償

・積極損害
交通事故に遭わなければ、被害者が支払う必要がなかった出費です。人身事故では入院費や治療費などが、物損事故では修理費や代車使用料などが相当します。

・消極損害
事故に遭うことによって、本来であれば得ることができた収入の得られなかった分の損害です。人身事故では休業損害と後遺障害または死亡による逸失利益が、物損事故では休業損害のみが相当します。

・慰謝料
精神的、肉体的な苦痛に対して支払われる賠償金で、被害者が死亡したときには遺族に対して支払われます。障害慰謝料や後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。

事故種類別の損害賠償項目
事故種類別の損害賠償項目

●死亡事故で請求できる損害

交通事故によって被害者が死亡した場合、損害賠償の請求権は被害者の遺族が引き継ぎます。遺族が請求できるのは、積極損害の葬儀費用や消極被害の逸失利益、慰謝料です。

積極損害では、葬儀関係費(通夜、告別式、祭壇、埋葬など)が請求できます。また、被害者が死亡するまでに治療を要した場合は、その分を請求できます。

消極損害では、逸失利益が請求できます。逸失利益は、被害者が生きていれば要したであろう年間生活費相当分を年収から控除して算定します。

●自動車保険(自賠責保険と任意保険)

自動車保険には、自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。

・自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)

被害者保護の観点からクルマを購入する際には、強制的に自賠責保険に加入することが法律で定められています。加入しないと、車検は通らず公道は走行できません。

・任意保険

自賠責保険でカバーしきれない部分を補償するする保険で、自賠責保険とは別に契約します。

任意保険は、対人補償保険と対物補償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険車障害保険、車両保険がセットになった保険が一般的です。

自賠責保険と任意保険
自賠責保険と任意保険

●過失相殺

交通事故では、加害者側の100%責任のケースは少なく、実際には被害者にも何らかの過失が認められるケースが多いです。過失相殺とは、損害賠償額を決定する際に加害者のみならず被害者側の過失の程度を考慮して賠償額を減額することを指します。


交通事故発生時、被害者を守るという観点からさまざまな損害賠償制度が整備されています。その内容は非常に複雑なので、万一事故の被害者になった時には漏れのないよう損害賠償を請求しなければいけません。

本章では、交通事故で発生する責任と損害賠償について、詳細に紹介します。

(Mr.ソラン)