■AIを活用した画像認識、音声認識、自然言語処理などがさまざまな分野で活躍中

●自動運転では、ドライバーの代わりにAIが認知、判断、操作を行う

今後の自動車の進化のためには、AI(人工知能)の活用は不可欠です。特に現状の自動運転レベル2から完全自動運転へとステップアップするために、AIには走行環境を正確かつ瞬時に認知して判断することが期待されています。

近年目覚ましい進展を続けるAIとクルマへの適用について、解説していきます。

●AI(人工知能)とは

AIの概要
AIの概要

AI(Artificial Intelligence)は、一般には「人間の知能、あるいはそれ以上の知能を機械によって実現したもの」「人間の知的営みをコンピュータに行わせるための技術」ことを指しますが、厳密な定義はないようです。

現在実用化されているAIの中心的存在は、ディープラーニングと呼ばれる機械学習です。ディープラーニングは、従来の機械学習に多層構造にしたニューラルネットワークの技術を応用して開発されました。

●機械学習

機械学習とは、人間のようにコンピュータに自ら学習する機能を持たせた技術です。

プログラムに大量のデータ(ビッグデータ)を入力、反復的に学習させてそこから規則性や判断基準となる数値を計算させ、さらにその情報から推論を行い、結果を導き出したり未来予測を行います。

●ニューラルネットワーク

ニューラルネットワークとは、人間の脳が情報を伝える仕組みをコンピュータプログラムで模倣した数学モデルで、「入力層」に入ってきたデータを「中間層」で処理し、結果を「出力層」から次の層に伝達します。

これを繰り返し行うことで、最終的に認識・分類・予測・学習・会話といった高度な処理をします。

●ディープラーニング

機械学習にニューラルネットワークの技術を応用して開発されたのが、様々な分野に応用されているディープラーニング(深層学習)です。

ニューラルネットワークの中間層のニューロンの数を増やして多層構造にして、大量のデータから規則性や判断基準を見つけ出します。

●AIができること

最近のAIの技術進化によって、以下のようなことができます。

・画像認識

画像処理のイメージ
画像処理のイメージ

画像や動画から文字や顔などの特徴を認識する技術で、顔認証や自動運転、感情分析など

・音声認識

Siriのような音声入力、あるいは音声のテキスト化、音声特徴から人の識別など

・自然言語処理

日常的に使う話し言葉や書き言葉を理解し、コールセンターの音声案内や機械翻訳など

・異常検知

機械に取り付けられたセンサーなどの時系列データから異常の兆候を検知

●自動車メーカーのAI活用の取組み

自動運転のイメージ画像
自動運転のイメージ画像

現在クルマに搭載するAI業界を席巻しているのが、米国の半導体大手のNVIDIA(エヌビディア)です。AIのディープラーニングによって、高速の画像処理など自動運転のためのプラットフォームを提供し、ほとんどの欧州メーカーが採用し、日本でもトヨタやスバルが採用を発表しています。

・メルセデス・ベンツ

新型AクラスのTVコマーシャルで有名な「ハーイ、メルセデス!」のように、NVIDIAのインフォテインメントシステムを採用しています。自然対話式音声認識機能によって、電話通話、音楽選択、メッセージ入力や読み上げ、室温調整など多くのインフォテインメントが音声で行えます。

また、NVIDIAの自動運転プラットフォームを利用して、市街地での完全自動運転の実現を目指しています。

・アウディとフォルクスワーゲン

VWグループとNVIDIAの連携は強く、特にアウディA8は世界初のレベル3システムを完成させています。アウディ、フォルクスワーゲンともに、2020年の自動運転、次世代自動車の共同開発をNVIDIAのプラットフォームで進めています。

・トヨタ

トヨタはAI研究のために子会社を設立し、ドライバーの感情を認識するAIシステムを搭載した「愛iシリーズ」を発表しています。また、新型アバロンにはAmazonのAIアシスタントが搭載され、様々な音声操作ができるようなっています。

一方で、NVIDIAの自動運転のプラットフォームを、トヨタとスバルも採用することが発表されています。


本章では、最新のAIの動向と自動車メーカーの適用事例について、詳細に解説します。

(Mr.ソラン)