■バイクの種類や用途、路面状況に対応できるようにホイールとタイヤを選定

●タイヤの材質やトレッドパターンによって強いグリップ力を実現

エンジンが発生する駆動力は、最終的にホイールとタイヤへ伝わり、路面とのグリップ力(摩擦力)によってバイクを走らせます。唯一路面と接しているのがタイヤ、それを固定しているのがホイールであり、その性能の良し悪しで走行性能が大きく影響されます。

バイクの安全や快適性を足元から支えるホイールとタイヤについて、概説していきます。

●ホイールの役割と種類

ドライブシャフトの駆動力は、ハブを介してタイヤがはめ込まれているホイールに伝えられます。

ホイールには、車体を支えながら駆動や制動、路上からの衝撃などに耐えられる強度とともに、一方で軽量化も求められます。また機能面だけでなく、そのデザインはバイクの重要なファッションアイテムのひとつです。

バイクのホイールには、大別して3種類あります。

スポークホイール
スポークホイール
キャストホイール
キャストホイール

主に小型スクーターで使われる鉄製の「スチールホイール」、オフロードモデルで採用される「スポークホイール」、ほとんどのロードモデルで採用される「キャスト(鋳造)ホイール」です。それぞれ、モデルの種類や用途などによって使い分けられています。

●タイヤの役割と機能

タイヤは、空気の保持方法によって2種類に分けられます。

チューブレスとチューブタイヤ
チューブレスとチューブタイヤ

スポークホイール車などに使われる内部にチューブの入った「チューブタイヤ」と、主にキャスターホイール車で使われるタイヤ内面に気密性の高いインナーライナーを貼り付けた「チューブレスタイヤ」があります。

バイアス構造とラジアル構造
バイアス構造とラジアル構造

また内部の補強方法として、「バイアス構造」と「ラジアル構造」があります。バイアスタイヤは、安価でタイヤ全体に柔軟性があるため乗り心地が良く、ラジアルタイヤは操縦性、安定性、耐摩耗性、転がり抵抗などに優れており、ロードバイクなどに使用されます。

●トレッドの重要性

タイヤのトレッドは、路面と直接接触する部分で、路面からの衝撃や損傷など外乱から内部を保護します。表面には、いろいろなトレッドパターンが刻まれており、グリップ力を高めて駆動力や制動力を確保する以外にも、旋回瀬能や排水性能、振動吸収、静粛性、燃費性能にも大きく貢献します。

トレッド表面に刻まれるトレッドパターンは、リブパターン、ラグパターン、リブラグパターン、ブロックパターンの4種に分けられます。

トレッドパターン
トレッドパターン

バイクの種類や用途に合わせて、最適なトレッドパターンが選ばれます。例えば、ロードスポーツモデルではフロントには転がり抵抗が少なくグリップ力の強いリブパターンを、リアには駆動力を路面に伝えやすいラグパターンを、またオフロード車ではブロックパターンのタイヤが使われます。

●バイク用タイヤの特徴

バイク用もクルマ用も、基本的な構成は上記のように同じですが、明確な違いは路面と接触する部分の断面形状がバイクは円形、クルマはフラットなことです。両者の違いは、旋回方法の違いに起因します。

バイクの旋回特性
バイクの旋回特性
クルマの旋回特性
クルマの旋回特性

クルマは、ステアリングを切って前輪のタイヤの向きを変えます。タイヤの向きとクルマの進行方向には差が発生し、これをスリップアングル(滑り角)と呼びますが、このスリップアングルに応じたコーナリングフォースが発生して旋回を始めます。

一方、バイクは車体を傾けて旋回します。車体を傾けると、セルフステアリングによって自然にステアリングが内側に向き、タイヤのキャンバー角によって発生する内向きの横力、キャンバースラスト力によって曲がっていきます。


バイクの部品の中で唯一路面と直接接しているホイールとタイヤは、強度や温度条件など非常に厳しい性能が要求されます。

本章では、駆動と制動、操舵の要の役割を担うホイールとタイヤについて、詳細に解説します。

(Mr.ソラン)