■オンラインストアのみで販売される40台限定モデル

BMW1シリーズは、現行型でFRからFF化されてもBMWらしい軽快なフットワークを堪能できます。FF化によりパッケージングも進化し、より広いキャビン、ラゲッジスペースを備えています。

また、新型フォルクスワーゲン・ゴルフ、アウディA3が日本に上陸したほか、ルノー メガーヌがマイナーチェンジを受けるなど、Cセグメントは活気づいています。

BMW 1シリーズ
FF化された現行1シリーズ

そんな中、BMW1シリーズに40台限定の「BMW M135i xDrive Street Racer」が設定されました。同限定車は、2021年9月9日(木)午前11時に「BMWオンライン・ストア」のみで販売されます。

「BMW M135i xDrive Street Racer」には、BMWとして1シリーズで初導入された「タイヤスリップ・コントロールシステム(ARB)」をはじめ、「リバースアシスト」などの運転支援機能を標準装備。

「ARB」は、エンジンのコントロールユニットがスリップなどの状況を検知し、素早くスリップを抑制できるシステムです。

BMW 1シリーズ
40台限定の「BMW M135i xDrive Street Racer」は、オンラインストアのみでの販売受付になる

「リバースアシスト」は、後退時ステアリングアシスト機能で、50mまで記録された走行軌跡をトレースしながら自動でバックする機能。狭い道でバックしないとすれ違いできない場合でも安心して後退できます。

ほかにも、「Mスポーツシート」、アダプテイブサスペンション、「HiFiスピーカー」「Mシートベルト」、ハイグロスブラック仕上げのキドニーフレーム&メッシュ、ブラックのミラーキャップとテールパイプ、オービットグレーの18インチMライトアロイホイール(Vスポークスタイリング554M)からなる「Mパフォーマンスパッケージ」、フロントスポイラー、フロントフリップ、サイドスカート、リヤスポイラーからなる「Mパフォーマンスパーツ」が備わります。

「BMW M135i xDrive Street Racer」の価格は696万円。ベース車の「BMW M135i xDrive」は、サーキットで培われた技術が投入された「Mパフォーマンスモデル」で641万円となっています。

ベース車が持つスポーティな走りに加えて、上記の充実装備により、切れ味鋭い走りやスタイリッシュな内外装を堪能できる仕様になっています。

(塚田 勝弘)