■航続距離285kmのEVと1.3Lガソリンエンジン仕様を設定

2021年9月27日(月)、日産は欧州で日産版カングーといえる新型「Nissan Townstar(日産タウンスター)」を公開しました。

ルノーによる新型カングー、メルセデス・ベンツ版カングーの「シタン」という3兄弟を擁することになります。

日産タウンスター
日産タウンスターの走行シーン

日産は、欧州市場の新型の小型商用車(LCV)戦略の一環として、「Nissan Townstar」を公開したもので、「Townstar」は事業構造改革「Nissan NEXT」に基づいて導入される最新モデル。

日産タウンスター
ワゴン版のリヤビュー

日産では「NV250」と「e-NV200」の後継モデルとして、欧州市場に今後投入されます。

また、欧州では「NV400」と「NV300」の後継モデルとして「Interstar」と「Primastar」も今後導入予定として、より充実した小型商用車の品揃えになります。

新型タウンスターには、EVとガソリン車が設定され、両パワートレーンにバンとワゴンを設定。

日産Primastar バン
日産Primastarバンのエクステリア

EVは、44kWhのバッテリーが搭載され、最新のエネルギーマネジメントシステムとバッテリー冷却システムにより、航続距離は285km(WLTP複合サイクルを前提とした社内測定値)を達成します。最大トルク245Nmを発揮し、スムーズで力強い走りを実現するはず。

ガソリン車は、現行の排出ガス規制である「Euro 6d」に適合した1.3Lエンジンが搭載され、最高出力130PS・最大トルク240Nmという実力の持ち主。

Nissan Interstar バン
こちらは、Nissan Interstar バン

気になるのはデザインでしょう。新型タウンスターは、ルノー、三菱とのアライアンスによる「CMF-C」プラットフォームがベース。同社がこだわる品質と機能性を徹底的に追求したそう。

日産タウンスター
日産タウンスターのインテリア

また、欧州で販売されるモデルとして初めて、日産の新しいブランドロゴが配置されています。

EV仕様には、特徴的なLEDヘッドランプ、組子模様と斬新なVモーションデザインが組み合わされ、空力性能に優れたフロントシールドなど、新型EVである日産アリアのエクステリアの要素が受け継がれているそう。

ガソリン車は織り模様のグリルが備わり、シャープでダイナミックな印象を付与。フロントのエアカーテンは、フロントバンパーや前輪まわりの空気の流れが最適化され、空気抵抗を低減することで燃費を向上させるそうです。

日産タウンスター
バンモデルのシート

また、ワゴンモデルのキャビンは、洗練されたシートやドアトリム、モダンなセンターコンソールやインパネが採用され、高い快適性が確保されているそうです。

一方のバンは、多機能で便利なラゲッジスペースを用意し、商用バンとしてのニーズに応える装備を用意。最大3.9平方メートルのラゲッジスペースと可動式のパーティションを備え、木製パレット(ユーロパレット)2つと、800kgの荷物を容易に運ぶことが可能。

また、最大で1500kgの牽引能力を備え(パワートレインによる)、荷室には荷降ろしを容易にする大型のスライドドア、オフィスツールを収納する専用スペースも設定されるなど、充実した仕様装備で様々なニーズに応えます。

日産タウンスター
ワゴンモデルのエクステリア。両側スライドを採用する

ほかにも、最先端の安全性能とコネクティビティも用意されています。先進安全装備では、「トレーラースウェイコントロール」「インテリジェントエマージェンシーブレーキ(歩行者、自転車検知。ジャンクションアシスト付)」、EVモデル向けとして「プロパイロットパーキング」、ガソリンエンジン車向けの「インテリジェントクルーズコントロール」、EVモデル向けに「プロパイロット」を用意。

日産タウンスター
日産タウンスターのバン仕様

また、全ラインナップにApple CarPlayやAndroid Auto、ワイヤレス充電などの便利なコネクテッド技術を搭載し、EVモデルには、さらなるコネクテッドサービスを導入する予定です。

日本にはNVシリーズがありますので導入されないでしょうが、発売されれば商用・乗用ともに人気が出そうなモデルです。

(塚田 勝弘)