■オーテック・クロスオーバーが新登場。2WDは253万7700円、4WDが279万6200円

SUVやクロスオーバーSUVの人気が高まる中、日産とオーテックジャパンは、2021年10月7日、ノート「AUTECH CROSSOVER(オーテック・クロスオーバー)」を発売しました。

日産ノート・オーテック・クロスオーバー
新型「ノート「AUTECH CROSSOVER」の発売を開始

近年のコンパクトSUVは、日産ジュークが市場を盛り上げてきました。今回、発売されるノート「AUTECH CROSSOVER」は、ノートをベースにAUTECH(オーテック)ブランドのコンセプトである「プレミアムスポーティ」を掲げています。

日産ノート・オーテック・クロスオーバー
「AUTECH CROSSOVER」の専用バッジ

ボディサイズは、全長4045×全幅1700×全高1545mm。最低地上高は、2WDが145mm、4WDが150mm。SUVの機能やスタイリングをコンパクトハッチに融合させたコンパクトクロスオーバーモデルです。

エクステリアは、「AUTECH」ブランド車共通のドットパターンフロントグリルをはじめ、AUTECH専用のブルーに輝くシグネチャーLED、メタル調フィニッシュのドアミラーなどにより、オーテックらしさが強調されています。

さらに、専用サスペンションやタイヤの大径化の採用により、地上高が25mm高くなったことで、雪道やラフロードなどでの走破性を向上。

日産ノート・オーテック・クロスオーバー
特別塗装色の「オーロラフレアブルーパール」

加えて、専用デザインのサイドシルプロテクターやホイールアーチガーニッシュ、ルーフモール、CROSSOVER専用デザインのアルミホイールも用意され、クロスオーバーらしく力強く、アクティブなスタイルに仕上げられています。

こうした車高アップを果たしながらも、「AUTECH」らしくロングドライブやワインディングロードなど、シーンを問わず、リニアな走り、スポーティかつ安定感を感じられる走り味を実現したそう。足まわりのスプリングやショックアブソーバー、パワーステアリングに専用のチューニングが施され、普段使いでの扱いやすさとの両立も図られているそう。

日産ノート・オーテック・クロスオーバー
「AUTECH CROSSOVER」のインテリア

上質さが追求されたインテリアにも注目です。柔らかな手触りで体に馴染むレザレットのシート地をはじめ、鮮やかな木目が特徴的な高級材である「紫檀(シタン)」の柄のインパネを採用。

ブラックを基調にして、上質な素材やディテールにまでこだわったというデザイン処理が施されています。

「AUTECH CROSSOVER」の価格は、2WDが253万7700円、4WDが279万6200円となっています。

日産ノート・オーテック・クロスオーバー
「プレミアムホライズンオレンジ/ステルスグレー」の2トーン

(塚田 勝弘)