■「MR2」の後継ミッドシップ・スポーツ開発が進行中!?

「将来のトヨタには、従来の発想では考えられないようなひと味違った車種が必要」とする当時の豊田英二会長から命を受けた吉田明夫主査によって、1984年に生み出された国産車初のミッドシップ・スポーツ「MR2(ミッドシップ・ラナバウト・2シーター)」。

トヨタの初代ミッドシップ・スポーツ「MR2」
トヨタの2代目ミッドシップ・スポーツ「MR2」

その後、豊田章一郎社長(豊田章男氏の父)からの後押しもあり、後任の有馬和俊主査により「MR2」は1989年に2代目へと進化、1999年まで前/後期型を含め10年間に渡って販売されました。

トヨタの3代目ミッドシップ・スポーツ「MR-S」

そして1999年に登場した「MR-S」(海外ではMR2)は2007年まで8年間に渡って販売されましたが、当時のスポーツカー販売不振に伴い、後継モデルは14年目を迎える現在も途絶えたままとなっています。

しかしトヨタは現在もスポーツカー3兄弟(スープラ、セリカ、MR2)のラインナップ復活を目指しているようで、BMWとの共同開発により復活を遂げたFRスポーツ「スープラ」に続き、次に復活させるのがミッドシップ・スポーツの「MR2」と予想されています。

ちなみに同社は「セリカ」と「MR2」の商標登録をすでに済ませているようです。

●ジュネーヴ・モーターショーでミッドシップ・スポーツを公開

トヨタのミッドシップ・コンセプト「ボルタ」のエクステリア

トヨタは以前に「MR2」の復活を暗示するかのように、イタルデザインと共同開発したスタイリッシュなミッドシップ・スポーツ「ボルタ(Volta)」をジュネーヴ・モーターショー2004に出展しました。

ハイブリッド方式のスポーツカーに関する研究の一環として開発されたスーパー・スポーツカーで、航続距離は約700km。最高出力は408psで最高速度は250km/h。0-100km/hは4.06秒。

トヨタのミッドシップ・コンセプト「ボルタ」のエクステリア

新型ミッドシップ・スポーツには同車をイメージしたエクステリア・デザインが採用される可能性があり、コストなど採算面の理由から86(スバル)やスープラ(BMW)と同様、他社との共同開発が前提になりそうで、具体的にはトヨタ製エンジンの供給先でもある「ロータス」あたりがパートナーとして有力視されています。

ロータスのミッドシップ・スポーツ「エリーゼ」のコンセプトモデル

同社がパリモーターショー2010に出展したミッドシップカー「エリーゼ」のコンセプトモデルは、まさに次期「MR2」と言ってもよさそうなスタイリングをしていました。

そんなロータスは欧州で今年7月に3.5Lのスーパーチャージャー付きV6エンジン(340ps/42.8kgm)を搭載した新型ミッドシップモデル「Emira(エミーラ)」を発表しています。

トヨタのミッドシップ・コンセプト「ボルタ」のエクステリア

一方、MR2後継で予想される車両サイズは全長4.4m、全幅1.85m、全高1.28mでホイールベースが2.5m。パワートレインは400psを発生する新開発3.0L V6 DOHCツインターボエンジンとモーターの組み合わせによるハイブリッドで、車両価格については600万円以下に抑えられるとの予想。

国内市場では日産自動車が、来春を目処に新型フェアレディZの発売を予定しており、さらにはミッドシップモデル開発の噂も有ることから、トヨタとしてもスープラ(BMW製)が生産を終了する前に後継スポーツモデルを投入しておきたいところ。

「MR2」後継のミッドシップ・スポーツ復活が実現すれば、一大ニュースになるに違いありません。

Avanti Yasunori