■新開発1.2Lガソリンはシリーズハイブリッドと、2WDに純ガソリンエンジン車としても設定

以前お伝えしたように、2021年11月1日、ダイハツ・ロッキーとOEM版(共同開発版)のトヨタ・ライズに、「e-SMART HYBRID(イースマートハイブリッド)」が設定されました。

ダイハツ・ロッキー
シリーズハイブリッドで100%電動駆動の「e-SMART HYBRID」を追加
ダイハツ・ロッキー
WA型の1.2Lガソリンをシリーズハイブリッドと純ガソリンエンジン車に搭載する

新開発の「e-SMART HYBRID」は、エンジンで発電され、その電力を使ってモーターで走行するシリーズハイブリッドで、日産のe-POWERと同じ100%電動駆動式のハイブリッドになります。

エンジンは新開発された1.2Lで、100%モーター駆動ならではのスムーズな発進加速を実現し、コンパクトSUVクラストップレベルのWLTCモード燃費値28.0km/Lを誇ります。

ダイハツ・ロッキー
「e-SMART HYBRID」、1.2Lガソリンエンジンが追加されたロッキーのインパネ

さらに、ハイブリッドシステムの小型化という利点もあり、発電と駆動用のモータージェネレーター(MG)と、減速機構およびディファレンシャル機構からなる動力伝達機構のトランスアクスルを備えています。

2つのモーターを並列配置することで、全長と全幅を短縮し、コンパクトSUVのハイブリッド化を実現しています。

この新型1.2Lエンジンは、2WDのガソリン車にも搭載され、燃費性能はもちろん、低回転時のエンジントルクを高めることで、力強くスムーズに加速する日常使いにも配慮されています。

ダイハツ・ロッキー
電動パーキングブレーキを用意

さらに、街乗り中心なら十分な動力性能を確保する1.0Lターボエンジンも4WD車に引き続き採用されています。ハイブリッドと合わせて3つのパワートレーンが設定されたことで、より幅広いニーズに対応。

ほかにも、タフトから採用した新ステレオカメラが採用され、最新の「スマートアシスト」をはじめ、電動パーキングブレーキ(オートブレーキホールド機能付)、「CTA(コーナリングトレースアシスト)」、合計1500W以下の電気製品が充電、使用できる外部給電機能の搭載などにより、安全性、利便性の向上も盛り込まれています。外部給電により災害時やキャンプなどのアウトドアで重宝しそうです。

ダイハツ・ロッキー
ダイハツ・ロッキーのリヤビュー

ダイハツ・ロッキーの価格帯は、1.2L NAエンジン/2WD仕様が166万7000円〜205万8000円。1.2Lハイブリッド/2WDの「e-SMART HYBRID」が211万6000円〜234万7000円。1.0Lガソリンターボ/4WDが194万4800円〜231万8200円です。

(塚田 勝弘)