■清水和夫が2.4L直噴ターボ搭載のレヴォーグSTI SPORT Rをサーキット試乗

●WRX S4より限界は低いけど、クルマの動きはいいゾ!

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EX

国際モータージャーナリスト・清水和夫さんは、前回、スバルの4ドアセダン、WRX S4 STI SPORT R EXとGT-H EXを試乗しました。今回は、同じ2.4L直噴ターボを搭載するツーリングワゴン、レヴォーグSTI SPORT R EXです。

清水和夫×レヴォーグSTI SPORT R EX
清水和夫さんのレヴォーグSTI SPORT R EX試乗、全てのインプレッションは動画で!

今回のレヴォーグ年次改良に、あらたに設定されたのは以下の通り。

・STI SPORT Rを設定、新開発2387cc水平対向4気筒DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”を搭載。
・Subaru Performance Transmission(CVT)を搭載。
・VTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)を搭載。
・電子制御ダンパー(ZF製)
・「Comfort」「Normal」「Sport」「Sport+」「Individual」からなるドライブモードセレクトを搭載。
・アイサイトX 追加機能…アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、全てのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセス・救出をスムーズに行えるように改良。

などです。

ではさっそく、スバリストのアニキ、清水さんのインプレッションを動画でドーゾ!

●タイヤとのマッチングがイイ感じ♪

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EX

おぉ〜! これはスポーツワゴンとしては一番人気が出そうだよね。

あれ…? WRX S4と違って、レヴォーグのほうがステアフィールがイイ感じだな、何でなんで? 不思議ちゃんですね。

ステアリングのセンターからの切り始めが、S4よりこちらのほうがクルマが動くね。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXのタイヤは225/45R18のYOKOHAMA・BluEarth GT。マッチングが凄くイイ!

タイヤは18インチの225/45R18のYOKOHAMA・BluEarth GT(ブルーアースGT)。S4は245/40R18のダンロップのハイグリップタイプ。ステアリングの切り始めはこのBluEarth GT、悪くないね。

まぁ、だけど、レヴォーグの限界はやっぱ低いんだけど、S4と同じ18インチでも245/40と225/45とを使い分けているよね。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EX

縁石に引っ掛けるような、こういうところのSGP(スバル グローバル プラットフォーム)のボディがいいよね。縁石にチョンとタイヤのっけても、安定性は損なわれない。これね、旧型で行くとポーンッ!とはねられるから。昔ニュルで苦労したんだよ。

オットットットットッ!

適度にロールするし、足もそんなにつっぱってない。レヴォーグはワゴンとして本当によくできたクルマだよね。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXの水平対向2.4L直噴エンジン

1.8Lよりもこっちの2.4Lのほうがパフォーマンスは高いので、まぁお値段もその分高いとは思うけど(1.8L GT=3,102,000円/2.4L STI Sport R EX=4,774,000円)、走り屋さんにはスポーツワゴン、おススメだよね。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXのコクピット

今後、これにアウトバック…もうちょっと背の高いSUV的なステーションワゴンが仲間に加わります。アッチはきっとボルボとかアウディとか、その辺の背高い系のステーションワゴンに近いキャラなので、このレヴォーグとはまた個性が違うと思うんだけどね。

ということで、スバルはこのラインアップが揃うと、ターボ+4WDの縁日みたいな感じになりますね。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXのフロントビュー
レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXのリヤビュー
レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EXのサイドビュー


●タイヤのパフォーマンスを使い切る、限界域のコントロール性、悪くないゾ!

Gの大きいところは、やっぱり限界は低い。でも、限界のコントロール性は悪くないです。

VDC(ビークル ダイナミクス コントロール)がなかなか介入しないね〜。

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EX

スバルは限界で頑張っちゃう。ちょっとABSの作動ポイントが早いような気もするけど、横方向のヨーレイトフィードバックのところは、タイヤの摩擦力を使い切っている感じがしますね。

最近のスバルのシャシー技術は、とにかくタイヤが持っている摩擦円の力を「乾いた雑巾を絞る」みたいに、タイヤのグリップを全部、使い切る感じのブレーキ性能…ABS、VDCのチューニングが施されています。

●各社SUV祭りの今、ツーリングワゴンで頑張るスバルは偉い!

レヴォーグSTI SPORT R EX
レヴォーグSTI SPORT R EX

S4のセダンもいいけど、このレヴォーグのワゴン、いいよね。YOKOHAMA・BluEarth GTの18インチ+レヴォーグ2.4L、これはけっこう気に入りましたね。コッチのほうがS4のダンロップ18インチよりもクルマが軽く動きますね。

こぶし1個のところのステアリングの初期の動きが、こちらのほうがビルドアップする感じがします。

でも、追い込むと限界がちょっと低いので、無理な運転はできません! 雪道で乗るんだったらこっちのほうがいいよね。

ステーションワゴンが売れなくてみんなSUVに行っている時代に、スバルは本当、セダンとステーションワゴンでよく頑張っていますね。

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの)

【SPECIFICATIONS】
車名:SUBARU LEVORG STI SPORT R EX
全長×全幅×全高:4755×1795×1500mm
ホイールベース:2670mm
トレッド(前/後):1550/1545mm
車両車重:1630kg
最小回転半径:5.5m
エンジン:FA24水平対向4気筒DOHC16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ“DIT”
エンジン排気量:2387cc
ボア×ストローク:94.0×86.0mm
圧縮比:10.6
最高出力:202kW(275ps)/5600rpm
最大トルク:375Nm(38.2kgm)/2000〜4800rpm
燃料:63L/無鉛プレミアムガソリン
燃料消費量(WLTCモード):11.0km/L
駆動方式:AWD(VTD-AWD 不等&可変トルク配分電子制御AWD)
トランスミッション:スバルパフォーマンストランスミッション(CVT)
サスペンション (前/後):ストラット /ダブルウイッシュボーン
ブレーキ (前/後共):ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ (前/後共):225/45R18
車両本体価格(税込):LEVORG STI SPORT R 4,389,000円/LEVORG STI SPORT R EX 4,774,000円

清水和夫×レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX レヴォーグSTI SPORT R EX