■参考出品の「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」など数多くの注目モデルも出展

日産とニスモは、2022年1月14日(金)〜1月16日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。目玉は、新型フェアレディZで、カスタマイズプロトモデルも披露されます。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
日本仕様が初公開される新型フェアレディZ(写真は米国仕様

また、2021年10月にマイナーチェンジを受けたキャラバンのコンセプトカーや、キックスの特別仕様車、新型クロスオーバーEVの日産アリア、さらには、NISMOロードカーやプレミアムスポーティブランドである「AUTECH」のコンセプトカーなど、バラエティに富んだモデルが登場。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
「SUPER GT GT500」クラス参戦予定車の「Nissan Z GT500」

さらに、2022年「SUPER GT GT500」クラス参戦予定車の「Nissan Z GT500」も出展されます。

新型フェアレディZの日本仕様は、2021年8月にワールドプレミアされた日本仕様モデルで、今回、初公開されます。魅力的な内・外装や先進技術によりダイナミクス、スポーツカーらしいサウンドを奏でることで、従来のZファンだけでなく、新しい層の開拓も担うことになります(写真は米国仕様モデル)。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」の外観

参考出品の「フェアレディZ CUSTOMIZED PROTO」は、歴代Zの名車のスタイリングやカラーリングをモチーフとして、熱狂的なZファンに捧げるカスタマイズプロトモデルとして出展。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」のイメージ

同じく参考出品の「CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT」は、2021年10月にマイナーチェンジを受けた新型キャラバンがベース。トレイルランナーが山で遊びつくすための基地として活用できるコンセプトカーに仕立てられています。

車両全体には、木目調ラッピングが施され、クラシックな山小屋感が表現されています。可動式太陽光パネルやインテリアパネルから画面が透過する最新技術などの革新的なアイテムも搭載されています。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
特別仕様車の「日産キックス・コロンビア・エディション」

以前お伝えした、特別仕様車「日産キックス・コロンビア・エディション」は、コロンビアスポーツウェアジャパンとの共同企画により登場。チタニウムカーキのボディカラーをベースに、ブルーのグリルステッカーなどが装着され、インテリアにはアウトドアに最適なラゲッジシート、シートバックポケット、フロントシートエプロンが備わります。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
参考出品の「NOTE AUTECH CROSSOVER CUSTOMIZED」

参考出品の「NOTE AUTECH CROSSOVER CUSTOMIZED」は、AUTECHブランドのコンセプト「プレミアムスポーティ」と、SUVの機能やスタイルを融合させ、同ブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルとして10月に誕生したノート・オーテック・クロスオーバーがベース。

専用デザインのスキッドプレートプロテクターが備わるほか、17インチアルミホイールとリフトアップサスペンションが採用されるなど、アクティブな印象をより強調するスタイルに仕立てられています。

日産 ニスモ 東京オートサロン2022
「CARAVAN MYROOM CONCEPT」の室内

ほかにも、日産ブース内にグッズ販売のコーナーが設置され、「NISSAN」「NISMO」、新型フェアレディZなどのグッズ、限定ミニカーなどの販売も行われます。日産は、ツイッターやYouTubeなどのSNSを活用した情報発信も行われます。ブースの様子やトークショーが生中継されます。

(塚田 勝弘)