■一部改良でアクセサリーコンセントを「GX」をのぞき標準化

耐久性の高さ、軽量ボディを活かした軽快な走りを実現している、まさにプロ仕様のトヨタ・プロボックスが一部改良を受け、2021年1月6日に発売されます。

トヨタ プロボックス
一部改良を受けたトヨタ・プロボックス

今回の一部改良では、アクセサリーコンセント(AC100V・100W)が、新グレード「GX」をのぞき標準装備され、スマホやタブレットなどの充電に対応しています。

さらに、ハイブリッド車に先述した新グレードの「GX」が追加されています。同仕様は、ハイブリッドのエントリーグレードで、運転席/助手席のパワーウインドウ、電動格納式リモコンドアミラー、UVカット機能付プライバシーガラス(リヤドア・リヤクォーター・バックドア)などが備わり、利便性が確保されています。

トヨタ プロボックス
GX(オプション装着車)のインパネ

なお、新グレード「GX」が加わったハイブリッドは、1.5Lエンジン+モーターの組み合わせで、WLTCモード燃費は22.6km/L。

そのほか、同16.6km/Lの1.3Lガソリン、同17.2km/Lの1.5Lガソリンエンジン車が設定されています。

●価格:149万1000円〜201万4000円(新グレード「GX」:179万円)

(塚田 勝弘)