■STIパフォーマンスパーツを装着した「WRX S4 STI performance CONCEPT」なども披露

SUBARU(スバル)とSTIは、「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。

最大の注目モデルは世界初公開される「STI E-RA CONCEPT」で、カーボンニュートラル時代に向けたモータースポーツ車両のスタディモデルとしています。

モータースポーツで新しい技術の経験と修練を積むことを目的に新プロジェクトが立ち上げられ、同プロジェクトが開発を推進してきたコンセプトカー。

SUBARU 東京オートサロン2022
世界初公開される「STI E-RA CONCEPT」は、カーボンニュートラル時代に対応

さらに、よりスポーティで、楽しさが追求された「STIパフォーマンスパーツ」をまとう「WRX S4 STI performance CONCEPT」「LEVORG STI performance CONCEPT」「SUBARU BRZ STI performance」も展示されます。

SUBARU 東京オートサロン2022
「WRX S4 STI performance CONCEPT」のエクステリア

「WRX S4 STI performance CONCEPT」は、「WRX S4 STI Sport R」がベースで、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツを装着。

ほかにも、カーボンリヤスポイラーやパフォーマンスマフラーが特別装備され、究極の一体感が追求されたコンセプトカーです。

「LEVORG STI performance CONCEPT」は「LEVORG STI Sport R」グレードがベース。こちらにもチェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツが備わるほか、ワゴンならで使い勝手を向上させるアイテムを用意。

さらに、パフォーマンスマフラーが特別装備され、高いユーティリティとパフォーマンス性能を両立させたというコンセプトモデルです。

「SUBARU BRZ STI performance」は、「SUBARU BRZ S」がベース。こちらにもSTIパフォーマンスパーツが装着されます。随所にチェリーレッド装飾が配置され、運転の愉しさを表現したというパーツカスタマイズモデル。

SUBARU 東京オートサロン2022
シリーズチャンピオンマシンに輝いた「SUBARU BRZ GT300 2021」

さらに「SUPER GT 2021 GT300クラス」を制したシリーズチャンピオンマシンの「SUBARU BRZ GT300 2021」も凱旋。

多彩なイベントも用意されています。1月14日(金)のビジネスディに、モータースポーツ体制発表が行われ、STI平岡社長より、2022年モータースポーツ体制とSTIの今後の活動について明らかにされます。

新型「WRX S4」のトークセッション、「SUBARU BRZ トークセッション」も行われる予定。両新型モデルの開発陣がそれぞれ登壇し、開発秘話などが披露されます。

ほかにも、MOTORSPORTトークセッション、「WRX S4 STI Sport R EX」プレゼントもあります。「クルマが当たる!!東京オートサロン2022アンケートプレゼント」の特賞として同モデルが提供されます。

SUBARU 東京オートサロン2022
SUBARU、STIブースのイメージ

さらに、STIパフォーマンスパーツやSUBARU/STIグッズが展示されるほか、オートサロン特設Webサイトと、SUBARU On-Tubeでライブ配信も予定されています。

(塚田 勝弘)