■ルノーから新型クーペクロスオーバーSUVが登場

ルノー・ジャポン、アルピーヌ・ジャパンはそれぞれ「東京オートサロン2022」に「ルノー」「アルピーヌ」ブランドで出展すると発表しました。

ルノー 新型SUV
ルノー・ジャポンが「東京オートサロン2022」で公開する新型SUV

ルノーからは、2022年春に発売が予定されている新型SUVが披露されます。

1点だけ公開された写真を見ると、以前お伝えしたように、同SUVはF1で培われた独自のハイブリッドである「E-TECH HYBRID」を使うことから、キャプチャーと同じプラットフォームを使うアルカナと思われます。

ルノー アルカナ
ルノー アルカナの外観

ルノー アルカナは、ストロングハイブリッド、マイルドハイブリッドを設定し、クーペ風味が加わるクロスオーバーSUV。

日本でも多くのバックオーダーを抱えているという、キャプチャーと共にルノーSUVを牽引していく存在になりそう。

アルピーヌは、最新イヤーモデルが登場。パワーとトルクが向上した「A110S」が披露されるほか、「アルピーヌF1チームF1マシン」も出展されます。

アルピーヌ A110S
最新版の「アルピーヌA110S」が登場

(塚田勝弘)