■SUVとスポーツバック全5グレードは後輪駆動を採用

2022年1月17日(月)、アウディジャパンはアウディのEV(電気自動車)第3弾モデルとなる、コンパクトSUVのQ4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックを発表しました。2022年秋以降に発売予定です。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_007
Q4e-tronとマティアス・シャーパース氏

Q4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックは、e-tron/e-tronスポーツバック、e-tron GT/RS e-tron GTに続くモデルで、今後のアウディの電動化戦略のコアモデルとなります。

Q4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックの車両本体価格は、エントリーモデルのQ4 40e-tronの599万円〜Q4スポーツバック40e-tron Sラインの716万円となっています。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_005
ブランドディレクターのマティアス・シャーパース 氏

Q4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックの発表に先だって、マティアス・シャーパースブランドディレクターは、2021年を総括。

半導体不足に苦しみながらも対前年比プラスだったこと、ハイパフォーマンスモデルのRSモデルが対前年比250%を記録し販売記録を作ったこと、EVのRS e-tron GTが2022年生産予定台数を完売したことを報告しました。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_006
Q4e-tronのフロントスタイル

そして、アウディは2025年に内燃エンジンを搭載した最後のニューモデルを生産。

2026年以降に発表するすべてのモデルはEVにすること。そして、2033年に内燃エンジン生産を停止(中国を除く)という明確なロードマップを発表しました。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_017
Q4e-tronのサイドビュー

また、日本市場におけるe-tron戦略も発表。注目は急速充電器の拡充で、現在90kWが8基、50kWが42基の計50基となっています。

2022年3月からは150kWという急速充電器を54基順次設置していき、インフラを整備していきます。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_009
Q4e-tronのリアスタイル

さらにアウディジャパン+VWグループで250店舗以上という急速充電ネットワークを構築していく予定です。

外出先でのACチャージャーの充電スポットを充実させるために、ホテルやホテル場などと提携し、デスティネーションチャージャーを実現する予定と話をしてくれました。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_008
Q4e-tronのリアビュー

発表されたQ4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックはEV専用のプラットフォーム“MEB”を採用。

ボディサイズは欧州仕様で全長4.59m、全幅1.87mとQ3とQ5の中間となるコンパクトなボディです。しかし、インテリアの全長はQ5を超えていて、リアシートのゆとりあるニースペースや、520L(スポーツバックは535L)というラゲッジ容量を実現しています。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_011
空力性能向上させる形状のホイールを装着

ボディタイプは、存在感のあるフォルムのSUV とスタイリッシュなクーペSUVのスポーツバックの2つのタイプを設定。

外観は短いフロントオーバーハング、筋肉質なフェンダー、美しいルーフラインが特徴です。また、最新のアウディQファミリーに共通する8角形のシングルフレームグリルを採用し、一目でアウディのEVとわかります。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_012
液晶パネルを多用したインパネ

インテリアは、センタークラスターがドライバーに向けられたドライバーオリエンテッドなデザインを採用。特徴的なセンターコンソールと専用デザインのシフターを装備。

メーターパネルには10.25インチのアウディバーチャルコックピット。センターパネルには11.6インチのMMIタッチディスプレイを配置することによって、フルデジタルのコックピットを形勢しています。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_015
Q4e-tronに搭載されるパワートレイン

搭載するパワートレインは、システム電圧400Vのテクノロジーを使用した総容量82kWh(実容量77kWh)の駆動用バッテリーを、前後アクスル間の床下に搭載。リヤアクスルに1基の電気モーターを搭載し、後輪を駆動させます。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_013
Q4e-tronのフロントシート

駆動用電気モーターは最高出力150kW・最大トルク310Nmを発揮。0-100km/h加速は8.5 秒。一充電走行距離は516km(欧州値)と高い実用性を誇ります。

200Vの普通充電は標準は3kWで、オプションとして最大8kWまで対応。急速充電はCHAdeMO(チャデモ)規格の125kWに対応しており、たとえば125kWで5%から80%までが38分で充電可能(理論値)です。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_014
Q4e-tronのリアシート

運転支援システムは、最新の安全技術とアシスタンスシステムを搭載。フロントカメラをはじめ、車体前後に中距離レーダーと超音波センサーを、また車体前後と左右ミラーに計4つの360度周辺環境カメラを内蔵しています。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_016
ラゲッジスペースはひとクラス上の容量を実現

従来のアダプティブクルーズコントロールとアクティブレーンアシストを統合したアダプティブクルーズアシストをはじめ、死角を並走する車両を検出するアウディサイドアシスト、後方から近づく自転車や車両をセンサーで監視するエグジットワーニングなど充実した機能を誇っています。

アウディは今回発表したQ4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックから、電動化戦略を加速していくという決意が、価格面だけでなくインフラ面にも表れています。

アウディQ4e-tronシリーズ発表会_001 アウディQ4e-tronシリーズ発表会_002 アウディQ4e-tronシリーズ発表会_003 アウディQ4e-tronシリーズ発表会_004

(文・写真:萩原 文博)