■「MBUXインテリア・アシスタント」によりジェスチャーコントールが可能に

2022年1月20日(木)、新型(改良版)となる「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が発表され、同日から予約受注が開始されました。デリバリー開始は2月頃の予定となっています。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
「AMG GT 43」のエクステリア

グレードは「GT 43」と「GT 53」。

パワートレーンは、3.0L直列6気筒の「M256」型エンジンと「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(以下ISG)」が組み合わされています。

ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置され、最高出力21PS(16kW)・最大トルク250Nmを発生するモーターを備え、オルタネーターとスターターの機能も兼ねています。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
「Mercedes-AMG GT 53」のリヤビュー

新型の特徴は、従来のマルチチャンバーを備えた「AMG RIDE CONTROL+エアサスペンション」に、新たにダンパーの外側に2つの圧力制御バルブが追加されています。

1つは、ホイールのリバウンドで発生するリバウンドダンピングを制御するバルブ、もう1つはホイールが収縮する際に発生するコンプレッションダンピングを制御するバルブ。これにより、ホイールのリバウンドと収縮をそれぞれ別個に制御することが可能となっています。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
「Mercedes-AMG GT 53」のインテリア

最小減衰力と最大減衰力の特性差が広がり、マップデザインの柔軟性もさらに高まったことで快適性を向上。持ち味であるスポーティなドライビングダイナミクスの両立を実現したとしています。

「MBUX」もアップデートされています。「MBUXインテリア・アシスタント」が標準化され、手のジェスチャーで様々な操作が可能になっています。たとえば、Vサインをディスプレイ前あたりに出すことで、お気に入りの機能のショートカットをメディアディスプレイに表示できます。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」のインテリア

さらに、手を上下させることでリーディングライト、助手席シート上方に手を伸ばしてサーチライトのオン、オフができるなど、利便性が向上。ホームスクリーン、メディア、ナビゲーション、シート調節では、選択項目をハイライトまたは拡大表示することで、より操作しやすくなるよう配慮されています。

また、360度カメラシステムの映像を車両の前後左右、俯瞰なども任意に切り替えることが可能で、駐車時の視界をサポート。加えて、ドライビングに集中しながら各種メニュー操作が可能な「AMGドライブコントロールスイッチ」を備えた最新世代の「AMGパフォーマンスステアリング」が標準装備されています。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ
「Mercedes-AMG GT 53」のフロントマスク

ボディカラーには、「スペクトラルブルー」および「スペクトラルブルーマグノ」が追加されています。

ハイパフォーマンスでありながら4ドアによる高い利便性が美点の「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」は、快適性も速さも妥協したくない層に提供する、メルセデスAMGの最新作となっています。

●価格

「メルセデスAMG GT 43 4MATIC+」:1310万円
「メルセデスAMG GT 53 4MATIC+」:1786万円

(塚田 勝弘)